その② 大爆笑 元ナースの老人ホームぶっちゃけ話

今回は、ちょっと大胆な話です。


くすっくらいの笑いでは、すまないかも知れません。


老人ホーム夜勤ナースの私は、2時間おきに各階に行き、その階の入居者さんの変わりはないか確認に行きます。


ある階で、20歳そこそこの男性介護士さんが、興奮しながら話してくれました。息も切れ切れ、あたふたという感じです。


その彼は、介護士になって2~3年目で、20歳前半。太っているとまではいかないけれど、ラグビーをやってたような筋肉がっちり系で、元気いっぱいの好青年でした。


その彼が、最近あった入居さんの行動を、あたふた教えてくれました。


「ナースさん、ナースさん!」

「どうしたの?なにかありました?」

「それがですね、びっくりなんです!

あの、8○歳の痴呆の○○さんなんですが、この間、夜中の2時の確認で部屋の見回りに行ったら・・・

起きていたみたいで、真っ暗闇のなか、ベッドの柵の間からがっと手を出して、僕のおちん○んをつかんで叫んだんです!


『この棒がないと、生きていけない!!!』


って。僕もう、何が何か訳が分からなくて、身動き取れず、固まっていたら、次の瞬間、○○さんは手をさっと布団に戻して、見たらもう寝ていたんです。寝ぼけていたんでしょうか?


何が起きたのか、もう訳が分かりませんでした!!!」



「・・・・・・・・・・」



こんなこともあるんですね・・・。






著者のJuncoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。