ワケあって同じ人の離婚届と婚姻届の保証人になった

婚姻届、離婚届。悲喜こもごもありますね。全てのライフイベントにいえることですが。

 

今日は、今までの人生で1度しかないレアな体験を書きます。

 

ある時、知り合いに、


「今日、ハンコ持ってきて。離婚届にサインして欲しいから。」

 

「ん?へ?」。動揺。


若い頃の私は、自分のハンコが悪用されないのかと心配した。

 

ご存知の通り、保証人は2人のサインが必要です。その2人は親族でなくても誰でもよいのです。

 

私のもう一人の知り合いの人にも同じ指令が。その人と話す。

 

「悪用されないですかね?」

 

「大丈夫ですかね?」

 

今では、「全然、大丈夫!!」と答えられる内容にどぎまぎしていたのでした。

 

 

なぜ、親族ではなく知り合いに頼んだか?

 

それは、お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、「自己破産」です。

 

頼まれた人のご主人の自己破産です。今から考えると、ご主人の知り合いには、言えませんよね。だから私たち2人に白羽の矢が当たったのです。

 

当時は、自己破産の意味も分からず。。。経営に失敗したとのことでした。

 

頼んだ当事者は、とても涼しい顔をしていました。「こんなことはどうってことない」と、当事者自身に言い聞かせているような雰囲気でした。


まあ、私たちにも気取られたくなかったのでしょうね。そんな感じでした。

 

のちのちの人生で、私自身が自己破産するか!?の境遇に陥りましたが、やっぱり自己破産はしたくなかったです。やっとのことで逃れられたのですが。。。

その知り合いは、その後も何事も無かったかのように過ごしていました。

 

私の年上の友人に話をしたら「自己破産は相当だよ。」という風にも聞きました。

 

実際、自分も自己破産を逃れたので、どういうことになるのかは未だによくわかっていませんが。

 

 

 

そして、5年ぐらい経った頃でしょうか。

 

再び、


「サインして」


と私ともう一人の知り合いに言われました。

 

そうです。今度は、婚姻届です。籍を戻せる状態になったということで。

 

「はいはい、おめでとうございます」。サインとハンコを押しました。

 

 

んー、今から考えると、当事者のご両親に頼んでも良かったのではないかと思います。

 

そこにも何か事情があった?! よくわかりません。

 

おそらく、こんなことはこれからの人生にも無いと思います。

 

貴重な体験でした。

 

ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。

 

婚姻届に関して、もう1つひどい話を経験しましたので、また書きますね。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。