サバゲーをしていたら、ペーパードライバーが首都高を攻められるようになった(ただし、軽自動車)

私は、「サバゲー」を7年ほど楽しんでいます。スマホゲームではなく、リアルのサバゲー。

始めたきっかけは、とある日の朝、年下の男性友人が、

「今日、サバゲ行かない?」

と誘われたことから。

私:「こんな服装だし、何も持っていないよー。」
友人: 「必要なモノは貸すから、大丈夫ー。」

私のいいところは、フットワークが軽いところ。言ってしまえば、軽いノリ。(笑)

2つ返事で、「行こう」と決まったのでした。

(サバゲの魅力は、またいつか書きますね。)

軽いノリで行ったサバゲ。たった1日にして見事にハマりました。

そこからどうでしょう。毎週末に一時期、行っていました。



話は変わって、車の運転。

免許は、18才の時に取りました。当時は、マニュアルで。。。

エンスト、しょっちゅう。空間認識の無い私は、まともに駐車もできず。。。

運動神経もゼロ。

なんとか免許は取れましたが、車の運転はキライでした。キライというか怖かった!!

父の車も、おもいっきりベコらせたりして。

何度か運転しましたが、恐怖のなにものでもありませんでした。ムリーーー。

生前の母には、

「あんたにせっかく免許取らせたんだから、運転してよ。どこか連れて行ってよ。」

何度、言われたかわかりません。耳にタコができるほど。

でも、私は頑なに拒否しました。

(今、お母さんが生きていたらね。温泉でもどこでも連れて行ってあげられたんだけど。申し訳ない)


そして、月日は流れ、免許取得から約30年経った昨年梅雨頃。

私は、サバゲ、キャンプ、釣りなどの趣味があるので、

「車で、自分の行きたいところへ行けたらなー。」

と、ふと思いました。

それまでは、東京オリンピックまでに、自動運転車ができるっていうから、早くそれに乗りたい。

と心待ちに考えていたのでした。

私は、決断をします。

「今の車はオートマだし、安全機能も付いてるし。軽でいいから、買ってしまえ。」
「買ったら、乗るわけにいかない。」

自分を追い込みました。

めでたく7月に納車。新古車です。車はかわいい。気に入った。

でもそこから、1か月。自分では運転できませんでした。やっぱり怖くて。怖くて。

友人に運転してもらっていました。

「うーん。このままではいかん。」

決意したのは、8月のお盆頃。おそるおそる乗ってみました。

そうしたら、自分の中で、何か「パーン!!」とはじけました。

運転本能覚醒の瞬間です☆

闘争本能の強い私(← あまり関係ない!?)。

「わあー!運転って楽しい!!」

そう思う瞬間がやってきました。


駐車とかで、少し凹ませたりしましたが、気にしない。初めての車だし。

そこから、ガンガン走っていけるようになるのでした。

首都高は、苦手で、乗らない主義という方もいるそうです。

首都高は分岐が激しく、右も左も容赦ない。

今は、ナビがあるから安心。

遠くまで、自分の行きたいところへ行けるようになりました☆


サバゲで得たスキルは、「俯瞰」です。

極端な話、サバゲでは、360度、注意していないと撃たれます。

森フィールドであれば、葉っぱが少しだけ動いたことにも気づかないと撃たれます。

全体を注意深く見る目が鍛えられました。


車の運転も一緒で、全体を見渡していないと、ぶつかる危険があります。

全体を見ていれば、回避できます。


若い頃にできなかったことができた!


それが今の喜びです。

読んでくださった方、ありがとうございました。​


著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。