やらかした理科の先生

どうもー!重延誠司です!


数年前から学校の先生たちの不祥事が目立ちますが、報じられてないだけで昔からあったように思います。今の時代、なんでもかんでも敏感になってますからね~。

ぼくたちよりも年上の先輩、さらに父や母、世代になるともっと先生たちは体罰とか厳しく指導していたようですが…。ぼくは賛成派とか反対派とかどちらでもありません。



中学時代に理科の授業中に友人の塩田くんが、おしゃべり好きの宮本くんにひそひそと話かけられていて「うるさいなぁ」「静かにしろよ」と言っていたのが先生の耳に入り、先生は塩田くんが宮本くんにちょっかいかけて授業を妨害していると勘違いして、いきなり席の前まで来て「塩田!おまえ煩いんだよ」とボコッと顔を殴ったことがありました。

「俺じゃない!」と反抗したのでもう一発殴られていましたが、まわりの友人も啞然として見てるしかなかったのですが、あの2発で塩田くんは眼球に傷が入り視力がかなり落ちたそうです。

こういうのを暴力というのであって、ちょっと頭パシッと叩かれた、みたいなのは体罰とは言いませんよね。線引きが難しいのかなぁと感じています。

重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。