KAIZEN Platformの始まり

1 / 4 ページ

エリック・リースの「リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす」という本が米国で出版されたのは2011年9月でした。


この本は、インターネット業界にいる人であれば少なからず聞いたことがあると思います。
ただ、エリックがインスパイアされたリーン生産方式の原典となる本を読まれた方はあまり多くないのではないでしょうか?

大野耐一さんという方の「トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして」という本です。

僕は、この本を読んで大きな感銘を受けました。
戦後の日本経済を成長させるために、
来るべき低成長時代のために、
トヨタが磨きに磨き込んで作り上げたメソッドです。

この本は、初版が1978年に刷られています。
35年前の内容が決して色あせることなく、今読んでも衝撃的に面白いのです。
僕は、リクルートでゼネラルマネジャーになった2009年にこの本を読みました。

とにかく、新規事業の中間管理職は大変でして、
ヒントをもらおうと沢山読んだ本の中の1冊でしたが、
あまりにも面白かったので鮮明に覚えています。
サブタイトルにもあるように、このトヨタ生産方式が目指したのは、
規模の経営を超える少量多品種を扱える生産方式をつくりあげる
というところにあります。
僕もエリックと同様に、この本の書いている脱規模の経営ということに
大きなインスピレーションを受けました。
インターネットそのものは、既存の規模の経営を打ち壊すものとして注目されていますし、そもそものインターネットという技術の生い立ちは、分散型のコンピュータネットワークです。
共通点が多くあるなと感じました。

そこからスタートアップのマネジメントメソッドまで組み立てあげられているリーンスタートアップに、若干の悔しさを感じながらも興味をかきたてられたことも事実でした。

ただ、僕自身がトヨタ生産方式を読んで、
感銘を受けたのはメソッドだけではなく、その根底に流れる思想でした。
ムリ、ムダ、ムラを徹底的に排しながら、

みんなの読んで良かった!