お金を貸した彼女の幼い頃の境遇

最近、ある彼女にお金を貸した。

税金や家の更新費など、ダラダラと40万円。私は貸した。

今までこんなこと無かったのに。どうしたんだ?

今から思うと、簡単にお金を貸す私にアジをしめたんだと思う。

返してくれるかわからない。

「借金はくれてやるつもりでやれ」と言われる。

まさにそうで自分もまともに全額返ってくるなんて思っていない。

私は返ってこない前提でお金を渡している。

なぜ渡すか?善意の部分もあるけど、どちらかというとその人を測るための手段。

「お金を返す」という行為に人間性は見事に表れる。

そこを見たい欲求が強い。

人に迷惑をかけるのがイヤという人であれば、お金を借りない。

そうすれば、正しく人に「借り」をつくらないで済むのだ。


彼女は、多少、人の心はあって、これだけの大金を借りるには、自分の境遇を話さなければと決心した様子。

彼女がずっと家族のことを話さないことを私も気になっていた。

ただ個人的なことになるので、詮索することもなくきていた。

しかし今回、これだけのお金も貸すので、私もなぜこれだけのお金が必要なのか知りたい。そして返すアテがあるのかも知りたかった。


そして彼女に切り出した。「ご家族は?」と。

そうしたら「孤児院」育ちということがわかった。

別の施設には、血のつながったお兄さんがいて。もう音信不通。

父親はもともとおらず、お兄さんとは腹違い。

母親は病気がちで子どもを育てられる力が無かったらしい。

それで彼女たちは、孤児院に預けられた。


まだあまり詳しくは聞けていないけど、友人で孤児院育ちの人に会ったのは初めてだった。


その彼女を通していろんなことを考えさせられた。

両親がいても子どもが必ずしも幸せとは限らない。

家族の形。天涯孤独とは? まだいろんなことを考えている。


私が彼女に会ったことには意味があって、神様は、私に、「ここから何か考えなさい」とお題を出されている気がしている。

彼女はこれから本当にお金を返すのか?

それは誰もわからないことであって。

彼女のふんばりどころでもあって。

彼女がここをクリアできたら、また何か新たに始まるんだろうなと思う。

完済まで、期間はどれぐらいかかるのか?

途中で逃げ出すのか?


私は、他にも、50万円貸して1円も返してくれていない友人がいる。

アテにしていないけど。

まあ、その人はその人で。これからどうなるのか。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。