Co-founderを集めるときに考えるべきこと

自分に足りないことは何か。

起業が誰でも比較的簡単に始められる今の世の中。
だからこそ他人と差をつけるためにはチームが必要となります。
1人でも起業は出来ますが、
一緒に厳しい時を乗り越えられるチームがいるといないとでは
会社のパフォーマンスにも大きな影響があるでしょう。

自分が起業したとき一番最初に考えたことは
自分に足りないことは何かということです。
僕は自分がやりたいと思うことを人に伝えることぐらいしか出来なかったため、
開発事業開発が出来る人が必要だと考えました。
そこで一緒にやらないかと持ちかけたのが
今のタイのチームメンバーです。

お互いに怒鳴り合えるか。

足りない能力を補える人を見つけられたら
あとはその人との相性を考える必要があると思います。
相性といっても
「この人、アタシ好き☆」的な話ではなく
本気で事業のことをお互いに考えられるかということです。
時に意見が食い違い怒鳴り合うこともしばしばですが、
それだけ本気でぶつかっている証拠です。
僕らがやっているのは友達サークルではなく事業です。

お互いに足りない能力を補い、
全力でぶつかり合うことが出来る人間こそが
Co-founderとしてふさわしいのかなと思います。

著者の平 皓瑛さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。