ナイナイづくし4

ないないとあるあるの間

ナイナイと言っていても、ゴミだけはたまる。
掃除をすると運気が上がるとか。
で、掃除をしながら考えてみた。
何があったらいいのか。
社会的地位 別に欲しくない。
コネ 1万円札が丸めた鼻紙でしかないぐらいの大金持ちとのコネなら。
若さ ムリムリ。
能力? うーん。

残念ながら、私には超能力も霊能力もナイ。
周囲の人間(身内やら友人やら上司やら同僚やら)が、たいてい一度は人魂を見たとか、狐に化かされたとか、首吊りの幻を見たら後で本当に首吊りがあったとか、怪しい目にあっているのに、自分だけそういうことは一度もない。グループで肝試しに行って、皆具合が悪くなっても自分だけなんともない。
けれど、それなりに怖い思いはしてるのだ。
真っ直ぐな道から、左折して左折して左折して左折すれば元の位置に戻るはず。そこから右折すれば来た道を引き返すことになると思うのです。が、いつの間にか周りの景色が見たことのないものに変わっていた。交通量の多い幹線道路だったのに道幅はどんどん狭くなり、人家も少なくなり、道は山の中に続いている。山の中はなんとなく冥い。これはヤバいと思い無理やりUターンしたが、どこを走ってるのかさっぱりわからない。
信号はあるけど、町名のところが擦れていて読めない。これは怖かった。
焦って滅茶滅茶一本道を真っ直ぐ走ったら、いつの間か元のところ、左折して左折して左折したところに出ていた。

鼻をかんで丸めた紙のように、意味のない体験でした。
あのまま、Uターンせず走り続けたらどうなっていたか?
(どうにもなりはしなかったと思うけれども)







著者の裕子 野口さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。