ナイナイとあるあるの間

身から出たカサブタ

死んだ人の名前でLINEが来た。
同姓同名ということではない。

私は、アドレス登録をフルネームでしていない。
「あんぽんたん○○○×××」とか
「花林糖○○○」(色黒でガリガリに痩せてる)とか
「藤原鎌足らず」(藤原鎌足の子孫だと言ってる うっかりミス多発)とか
一目で誰だかわかるように登録してある。
今回LINEが来たのは、「あんぽんたん○○○」からであった。生前はあまり相性がよくなかった。
偶然とはいえや〜な感じ。
そのとき、(捨てなはれ)という声が聞こえた ような気がした。

不精して、古いアドレスをほったらかしてあるからこういうことになる。
(古いもん全部捨てなはれ)

そこで、アドレス帳から、故人達の登録を削除した。携帯を変えるたびにアドレスも引き継ぐので、古いのも一杯残っている。それを全部消した。

翌朝、アトピー性皮膚炎が軽くなっていた。

春先から、全身に湿疹が拡がり強烈な痒みと治らない傷に悩まされていた。ポロポロとカサブタが落ちるので、掃除してもしても部屋が汚れる。彼氏はいないがいても百年の恋も覚めるだろう。痒みで眠れない。ステロイドを塗っても治らない。かなり情けない状態だった。
朝目覚めて「あれ?」
炎症が引いてきている。

著者の裕子 野口さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。