率先して「笑い」を取りに行っていますか?

私は20代前半まで本当に融通が利かないぐらいの「超真面目」でした。

真面目が良いことだと思っていました。まあ、いいことなのですが。

当時は、関西に行くことがあって、自分の周りに飛び交う「関西弁」が「うざい」と思いイライラしていたことを覚えています。ふだんの会話でもボケとツッコミがお約束で「なんなの?!」と思っていました。

それなのになんでしょう?社会人になったから?
自分でもよくわかりません。

ただ「人を笑わせることって高等技術だな。」と思いました。

「笑い」って大事。世の中は「嘲笑」にあふれていたりしますが。

悪意の無い笑いは「ほっこり」したり、「脱力」したり、何よりも笑うことが楽しい。

「高等技術」ということに私は燃えます。なんとか会得したいと思ったのでした。

それまでも、もちろん友人と談笑することはありましたが、「笑いを仕掛ける」ことはしていませんでした。

そこから勉強という勉強ではないけれど、日々、笑いを体得していったような気がします。

ボケツッコミ。ノリツッコミ。


あ、書いていて思い出しました。

学生の頃の友人で関西出身の子がいました。当時は関西での「ダウンタウン」が全盛期。

彼女から、「きり返し」の仕方を学んだ気がします。

そしてこういう人だったら、おもしろいな、人を笑わせることができるなと思ったのです。

まず始めに覚えたのは「ツッコミ」です。

相手の話を注意深く聞いて、ツッコミどこをいつも探していました。
ツッコミどこがあれば、すかさずツッコんでいました。
浜ちゃんですね (笑)
だんだん結構なスピードでツッコめるようになりました。

ここまではマスター☆

次は「ボケ」です。これは自分には苦手でした~。
「ずらし方」がわからない。「ボケ」のパターンがわからない。
イメージが沸かなすぎでした。東京育ちなもので。

そしてまた思い出しました。

学生の頃のバイトで、男女共に話のウマい子が多くいました。
彼らが話すと笑いがどんどん進み、どこまでもいってしまうんです。
確か、その時に「うらやましい」と思いました。
「自分も仲間に入りたいな」って思っていました。
結局はその仲間に入らずじまいで終わってしまいましたが。

そうでした!学生の頃に「うらやましいな」という気持ちがありました!

まあまあ、でもそうこうしているうちに「ボケ」も習得しました。

あと特に女性に多いのですが、「オチの無い話」をする人っていますよね。
男性はこれが苦手みたいですね。
たしかに「オチ」の無い話は、「結論は何?」とか「いつまで続くのだろう。」と思ってしまいます。
全てに「オチ」は必要ないですが、「オチ」か「メリハリ」があったほうが人は話を聞いてくれると思います。

20代後半ぐらいからでしょうか。

一人で笑いを作れるようになりました。

皆でどっかんどっかん笑えると楽しい♪

とくに飲み会では、どこまでも笑っていた時もありました。
腹筋が痛くなる時もありましたね。

その後もお笑いを見たり(もちろん楽しみながら)して、技を磨いていきました。


先日、知り合った年下の友人で、「落語が好き」という人がいました。
「また古風な深い趣味だな」と思っていましたが、
彼は、実は、人を笑わす方法を体得したくて落語を聞いているとのことでした。
彼はその前は人と話をすることすら苦手だったそうです。
「人とどうしたら円滑に話せるようになるか?」と真剣に(←あ、失礼です)カウンセリングに通ったそうです。
ちょっと彼の場合は、今どきのお笑いを見たほうがよいのではないか、そのほうがニーズに合っているのではないか、と話してみましたが。(笑)
「ドキュメンタル」をお勧めしておきました。


んー、私は誰が好きでしょうか。ダウンタウンと内村さんは別格です。
あとはフットの後藤さんとかアンジャッシュの児嶋さん、ロバートの秋山さんとか。
児嶋さんには愛らしさを感じます。


他愛のないことで笑えることってすごく大事だと思います。
職場のグチや不満を話しているより、よっぽど健全です。
グチや不満は吐き出さないといけない時もありますが、ずっと話していると「恨み」がこもってきてしまうので、できるだけ「陰」ではなく、「陽」のほうがいいんだと思います。

「笑う門には福来る」とは、よく言ったものですね。

最近の脳科学の研究だと表情筋を「笑顔」にするだけでも、体内でリラックスするホルモンが増えるそうです。

なかなか苦しい時には笑えませんが、「苦しい時こそ笑う」というのも大事かもしれません。

私は、今は、老若男女問わず、笑える時はギャハギャハと笑っています。
皆が笑っている雰囲気も好きだし、そういう空間にいられる自分も好きです。

いつもしかめっ面をしていると、とくに女性が危険ですが、眉間に深いシワができてきたりで、ちょっと意地の悪い雰囲気になってしまいます。

これも最近聞いた話ですが、言われてみるとそうなのですが、年齢を重ねれば重ねるほど、その人の性格が顔に出るそうです。例示されていたのが、富裕層とそうでない人の比較です。富裕層かどうかはかなり高い確率で、人は区別できるそうです。

お金持ちにはなれるかわからないけど、「やさしそう」と思われる顔になっていきたいです。


前述の学生の頃の関西の子は、今は関西にいて、うつ病に悩まされているそうです。
心配なのですが、遠方ゆえになかなか状況がわからず案じています。
笑顔になりますように。


著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。