DVにて「グーパン」を左目に何発もくらった話

もうかれこれ10年以上前の話です。


当時は「DV」なんて言葉もありませんでした。
結果的に泣き寝入りするしかありませんでした。

今だったら確実の逮捕されていますね (^^;

それまでは暴力をふるわれたことが1回も無かったのですが、私が別れを切り出した時でした。

その時は、もう彼は怒り狂っている状態で。

車に乗っている時だったので、運転席から助手席の私に20発以上ですかね。
全力のグーパンをくらいました。

その時どうしてだったかわかりませんが、私はノーガードでした。
「殴りたいだけ気が済むまで殴れ」
という気持ちでした。
私が悪いとかそういう気持ちはありませんでした。全く。

その後、解放され、左目の部分がみるみる間に腫れていきました。

「わー。明日、会社行くのにやばいな。」
と思っていました。

翌朝起きたら、案の定、赤紫色になっていて、それはそれはひどい状態になっていました。

眼帯をして、自転車に乗っていて転んだことにして出勤しました。
(結果的に職場で白状してしまったのですが。)

その日は、実家に行く日でもあって。
同じように最初は嘘をついたのですが、白状しました。

今から母の気持ちを思うとやるせなかったと思います。
一方で、母は厳しい人だったので「自業自得」との思いもあったと思います。

その次の日。
私は交番に行きました。そして事情を説明しました。
その時代の警察官はあっさりしたもので、
「まず診断書が必要。」
と言われただけでした。

そして眼科を受診し、診断書を書いてもらって。

それからまた交番に行きましたが、なんの反応もありませんでした。

結局、なんの対応もなく、私が診断書の自腹をきっただけでした。

後日、弁護士さんにも相談に行きましたが、ノーリアクション。

当時はそんな冷たい時代でした。
これだと殴ったもん勝ちですよね。とほほ。


今、もしDVに遭っている人がいたら、もう、すぐ警察に相談です。
今の警察はストーカー対応にしかり、とても親切に対応してくれます。
相手に自宅がバレている場合は、引越するよう強く勧められます。


著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。