ただいま47才。13才年下の34才の彼がいます。

私は、今47才です。そして13才年下の34才の彼がいます。


今まで年下の人とも何人かお付き合いしましたが、13才年下は最高記録です。
その人とは1年ちょっとお付き合いしています。

今年春には、私より8才ぐらい年上のケンタッキー駐在日本人の方から、
「全部、面倒をみる」
「アゴアシ付きで」
と言われプロポーズされました。お断りしました。

以前から自分と年齢の近い人は苦手でした。
相手の男性が、私と張り合ってくるのです。
ま、当時の私の態度も悪かったと反省しています。
いわゆる「男を立てる」ということができていませんでした。

そして、ここ数年は「年上はいやだな。」と思っています。
なぜか?
もれなく近い未来に相手の「介護」をすることになるからです。
もう介護するのは確率的に下げたい。(^^;
また年齢が上でも「幼稚」な人をたくさん見てきました。
「これは尊敬もできないなぁ。」というような人。

よって最近は年下の人とのお付き合いが多かったです。結構離れた。
年下の人だといろいろ許せるのです。
「まぁ、仕方ないなぁ。」と。
それが自分でも居心地が良かった。

最近は、男性が年上の女性とお付き合いすることも多くなりましたね。
昔では考えられなかったことですが。

「年上」=「お金を持っている」
だから付き合うというのが昔だった気がしています。

知り合いでいたのですが、その男性は50才。20才の女の子とワチャワチャしていて。
しかし彼女は「お金目当て」でした。
若さと美貌でお金をもらえると思ったのでしょう。
ある時、彼女からその男性にLINEが。
彼女:「ちょっとお金が足りないかな~。」(とぼやいている)
(私がその人に「いくらか聞いてみれば?」と伝えた。)
彼女:「ん~。100かな。」
と。
「は?!」ですよね。
さすがにその人もそれで彼女とお別れしたようです。
その人もめちゃくちゃ若い彼女でウハウハだったのですが。
そんなこともありました。
いわゆる「パパ活」です。


私の話に戻します。

私と彼との出会いは「サバゲー」です。
「サバゲー」は、とくに男性は彼女を見つけにきている人も多いと聞きます。
「サバゲー」をやっている女子は圧倒的に少なく、アウェーなのですが。。。
彼とは少し会話をしてLINE交換しました。
後日、彼から「海に行きませんか?」とお誘いがきました。
彼はサーフィンもやっていて海好きでした。
私にとっても彼は少し考え方がユニークだったので海に行きました。
そこからお付き合いスタートです。

彼はスノボや温泉も趣味で、ドライブも好きなので、
冬は新潟まで。
夏は下田まで。
いろいろ遠くへ連れて行ってくれました。

音楽の趣味や考え方も私とかなり似ていることがあって、お互い話してしなかったことが偶然、一致して好きなこともいくつかありました。

「偶然は必然」
を信じています(^^)


また今年前半にカリスマ占い師の方のところに行ったのですが、
「あなたは年上はダメ。あなたは男の言うことを聞きません。年下がいい。ただ、今の彼は、ただのいい人。それをあなたがカッコいい男に育てていくんです。」
と言われました。

「あー、それ、自分に合っている。」
と思いました。

私、本当に男の人の言うことを聞かないんです (^^;
我が道を行くので。

だから年下が合っているんですね。

今は、私の経験をあらいざらい彼に伝えて成長していって欲しいなと思っています。


ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。