母と食事に行って銀座の和食屋さんにてオリジナルオーダーをしたらお会計合計が15万円になった話

このお店、母とよく若い頃から行っていました。

そして今も時々行っています。
「ざくろ」は老舗です。

母はずっと昔に結構大きな会社に勤めていて、その時にいろいろないいお店を知ったようです。

そして舞台は「ざくろ」です。ここは会席料理やしゃぶしゃぶで有名なお店です。

私が、20代半頃でしょうか。

夕方、母に「ざくろ、行こ!」と言われ、二人で行きました。

二人とも日本酒が好きで、久保田をガバガバと空けていました。

ま、その時にもおつまみだのサラダだの頼んでいたのですが。

ひと通り食べて、お腹が落ち着いてきたころです。

その時は、二人ともけっこう飲んでいました。


母:「景子!なんか薄い牛肉をちょっとシャーシャーシャーッと炒めたようなの、食べたくない?!」

牛肉にも目がない二人です。

私:「いいね~。頼んじゃおうか♪」

チョー軽いノリです。

私:「メニューに無いけど、言ったらつくってくれるよね?!」

と二人ともノーテンキ♪

母:(お店の人に)「すいません!牛肉の薄切り肉をちょっと味付けして、シャーシャーシャーッと炒めたようなの、あります?」

店員さん:「はい。そのようなものですね。お持ちします。」

私は、「わー、やっぱり高級店は違う~。メニューに無いものまでつくってくれるんだ~。」と思っていたのでした。

そしてそのオリジナルオーダーしたお料理がやってきます。

「牛肉♪牛肉♪」と頬張る母子。


「うまい!!」


の一言でした。


お肉もおいしいし、味付けもちょっと醤油の味がしてうまい!!

二人でガツガツ食べました。

私:「これっていくらなんだろうね~。」

母:「そんなのわかんないよ~。いくらか楽しみだね♪」

太っ腹な母です。



そして、お会計~タイム!!

たしか15万5000円ぐらいだと思います。

私は、「ぎょえ~!!」と思いました。

母は涼しい顔でクレジットカードをきる。

ステキ!! ☆

あのオリジナルメニューがいくらだったかはわかりません。

しかし、いくら高級店といってもしゃぶしゃぶなど食べていなければ、たかが知れています。

オリジナルメニュー以外だったら、2万もいっていないはず。いや多くて3万?!

頭の中で、私は計算をしていました。

あのオリジナルメニューは、10万はしていた。そう思ったのです。

振り返っても、夕飯に15万円もかかったのは後にも先にも最後なのでした。


その帰りは、二人とも上機嫌でした。

私:「あのお肉、おもしろかったね~。」

母:「けっこう高かったね~。」

と二人でケラケラ。


そんな時に豪快な大胆な母親が私は大好きでした。

豪快なところは、親譲りかもしれません。(笑)

お母さんは、天国でもおいしいもの食べてるかな~。

というかお父さんと食べててほしいです。

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。