A子ちゃんのお母さんのこと

1 / 2 ページ

 A子ちゃんのお母さんのこと

 

 雲の上で、神様がつぶやく。

ABは出会った。愛子よ、もどってくるのだ」

 

 アイスコーヒーを飲みながら、愛子ちゃんの遺影を眺めるヒデキ。大学時代の愛子ちゃんを思い出す。

 

(回想)

 喫茶店で、愛子ちゃんが言う。

「こうやってミルクを入れると、キレイでしょう」

 

 カレー屋さんでカレーがはねて、服にとんだ。

「うちに来て。シミを落としてあげる」

 押入れには“ウェストサイド物語”のポスターが貼ってあり、押入れを開けたら段ボールにパンツが並べてあった。愛子ちゃんは、慌てて

「見ちゃダメ」。

 と、閉める。

 

 映画館を見に行った帰りに、パンフレットのコメントを見てヒデキが言う。

「これは違うよな」

 愛子ちゃんは

「言うこと分かる気がする」

 と言った。

 

 ミニスカートをはいている時に、ヒデキが

「意外と太ももが太い」

 と言ったら、

「そうなの。気にしているのに!」

 と怒る愛子ちゃん。

 

愛子ちゃんは、ヒデキより3歳年上だった。

スーパーマーケットがあった。そこで、マヨネーズを買う時に

「私の彼は、キューピーより味の素が好きなんです」

 と言った。なんで、そんなことを言うのか分からなかった。

 荷物が多いのでヒデキは、愛子ちゃんの下宿まで運んであげた。

 

 ヒデキは、ある日、街中で愛子ちゃんが知らない男と歩いているのを見た。また、別の日に下宿を訪れたら、部屋から男の声がした。遠くの道から傘をさして(雨が降っていた)覗いていたら、愛子ちゃんが男と一緒に出てくるのが見えた。

 

数日後、ヒデキは愛子ちゃんを問い詰めた。

「あっちでも、こっちでもこんなことをしているのか!」

と怒った。愛子ちゃんは、たまらず下宿から飛び出して走り出した。ヒデキは追いかけた。

 

愛子ちゃんを信用できないヒデキは、愛子ちゃんの留守中に彼女の日記を読んだ。そこには、前の彼氏と結婚する決意が書いてあった。彼女に、日記を無断で読んだことを告白しても怒らなかった。ヒデキは、愛子ちゃんに自分は弄ばれているのか尋ねた。

 大喧嘩になり、ヒデキは

「中古車より、新車がいいに決まってるだろう!」

 と、叫んだ。

 

 結局、愛子ちゃんはヒデキの方を選んだ。それで、もと彼の持ち物を全て捨てさせた。愛子ちゃんは

「ヒデキくんと出会って、初めて女であってよかったと思った」

 と言った。

 

 彼女と能登半島を旅行した時、兼六園で老夫婦に写真を撮ってもらった。その老夫婦は

「新婚さんですか」

 と尋ねてきた。愛子ちゃんがお土産を買っているので、誰のために買っているのか尋ねたら

「同じクラスの男の友達に」

 と言った。ヒデキは不機嫌になり、帰りの電車でそのお土産を踏みつけた。

 

 愛子ちゃんの下宿で、ヒデキは談笑している。

「健康診断のときに技師の人に、お乳が大きいと言われた」

 と言う愛子ちゃんに、ヒデキは不機嫌だった。

 でも、ヒデキは愛子ちゃんが好きだった。

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。