素直と自信で成功する

1 / 2 ページ

今回は書籍の

 

『リンゴが教えてくれたこと』

 

 を読んで、

 学習したことを発表します。

 

 

 

「リンゴは農薬で作る」が

 リンゴ農家の間では

 あたりまえらしい。

 

 その栽培史に終止符を打ったのが、

 著者である 木村秋則 氏です。

 

 

 

 完全無農薬での

 リンゴの収穫ができたのは、

 

 始めて11年目から。

 

 それまでの間の

 苦難を想像するだけで、

 彼を尊敬し憧れてしまう。

 

 

 

 

 

 いったい、

 

 どうやって成功させたのか?

 

 

 

 

 

 11年もの不作の時を

 どう思い、どう過ごしたのか?

 

 

 

 

 

 とても興味が湧いてきます。

 

 

 

 続きが気になる〜。

 

 

 

 

 

 まずは

 

 彼の生い立ちの紹介から始めましょ。

 

 

 

 

 

今回は──────────┐

 

 農家になった理由【素直】

 と

 自然界の不思議【自信】

 

└────────の話です。

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最初は農業なんて、やりたくなかった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

リンゴの名産地である

 

 青森県の農家で

 生まれ育った木村さんは、

 なに不自由なく生活していました。

 

 幼少期はおもちゃを分解。

 

 高校ではエンジンを改造して、

 バイクで

 7人乗りをやってみせるほどの、

 まあハジケていた少年でした。

 

 そんな

 

 やんちゃな二男坊であったため、

 農家を継がずに

(というか継ぎたくなかったから)

 父親に内緒で就職するも、

 

 わずか18か月で

 連れ戻されて、

 家業である農業に就くことに。

 

 

 

 

 

[感想]

 

 会社でも上手くいっていて

 農業を嫌がっていたはずなのに、

 意外とスンナリ

 辞める事が驚きです。

 

「素直」って大切だなと思いました。

 

 

 

著者のYasumasa Toyosatoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。