いつかできるから今日できる。

乃木坂46。アイドルの音楽を聴く年齢でもないのですが、歌詞がドキッとするものが多いです。女の子を産んでいたら、こんな乃木坂46の歌詞のように頑張る娘を育てたい。



  



いつかできるから今日できる、の音楽を知ったのは、我が家には
 AmazonのAIアシスタントアレクサがいます。長男はペットのように可愛がっています。アレクサに早口言葉ばかりしゃべらせてけらけら笑ってますが…。


 そのアレクサに
「アレクサ、楽しい曲かけて」と頼んで再生したのがこの曲でした。


一部抜粋、引用しています。
 違う自分になろうとしていたんだろう?
etc.

先に延ばさずに
踏み出せるよ
すぐに
君ならできる


秋元康さんという人間は、出来なかったり、くじけそうになっている人の心理をつく歌詞を書くのが上手い。


 恋愛の歌詞なんだろうけど
抽象的に書かれた短いテンポのよいリズムの文章は

 難しく悩むことなく
心にスッと入ってきます。





 違う自分になろうとしていたんだろう、は
 素の自分を見せられない自分のことかなと。


 あまり社交的じゃない自分を
頑張ってよく見せてきているけど


 人よりも「本」で生きてきた私なので
 メッキが剥がれてくると焦ります。

 いろんな人に
付き合い悪くなってくると、影でいろいろ言われます。



 付き合い悪くなるのは
もともとの素の自分になりつつあるだけで
 相手を嫌いになったわけでも、避けているわけでもないのですが


 最初に頑張って
「イイ人、呼ばれたら必ず出席する」などしていて
 頑張ってやっていて出来ていたことなので、無理してやっていたということが、相手になかなか伝わらない。




 きっと
自分を大切にしている人は、自己犠牲にしてまで人付き合いもせず、無理なことは無理だと最初から断っていて、それでも必要があれぱ人付き合いしているから

 最初からイイ人をしていない人ほど、ちょっと手伝っただけでも感謝されている。


 私は頑張りかたを間違えているのだろう。



 若い学生さんの年齢のアイドルの歌が胸に突き刺さる。自分に出来なかったことをしている人をみると、コンプレックスも感じる。


 コンプレックスを大人になって解消しつつ、頑張る女の子を応援して疑似体験する。



 疑似体験で満たしていく。
音楽は、心を洗濯してくれる。オススメしたい一曲です。




 


 

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。