親のありがたみ

どうもー!重延誠司です!

久しぶりに実家に一泊したんですがやっぱり良いものですね。
朝起きれば、ご飯が用意してあって、夜は豪華なものを作ってくれて・・・。


両親の愛を感じます。「いくつになっても息子だからね、甘えなさいね」と言ってくれるのが疲れた身体に染みわたります。

実家に住んでいた頃は、親のありがたみというものがわかっているようで全く分かっていなかったように思います。
服を汚しても洗濯すればいいや(すれば、ではなく母にしてもらう)
今日はカツカレー食べたいな(母にリクエストしよう)
ユニフォームがほつれてきた(母に縫ってもらう)

こういう一つ一つが当たり前になっていて、「ありがとう」とは言うものの、実際に自分が一人暮らしをしてからではないと真の感謝の気持ちって出てこないと思うんですよね。

自分がやってみてから、大変さを知ってから気づくものなんでしょうね。

実家暮らしが悪いとは言っていませんが、20歳越えたら一人暮らしは経験したほうが良いと個人的に思います。


重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。