女の子の幸せはお嫁さん〜ナナロク世代〜

1 / 4 ページ

「女の子の幸せは‘お嫁さん’になる事」

出席名簿は、男子から始まり〜後に女子の名前がくる。

ランドセルの色も男子は「黒」、女子は「赤」

家庭科の時間。
男子は「技術」、女子は「将来、お嫁さんになるから‘家庭科’」

そんな、嘘みたいな現実が「当たり前」と思って育った
昭和生まれの最後の世代の私達。

いわゆる「76 ナナロク 世代」

高校、短大、大学…いずれの年も就職氷河期の洗礼をモロに受け
「正規採用」での仕事が決まらない。

‘お嫁さんにしたい職業’
ナンバー1は、保育士(当時は‘保母資格’)。

どんなに勉強の出来る子も
「お嫁に行きそびれる」と、二年制の短大に好んで進学した。

「お見合いの世間体が良い」と、女子大(主に短大)へ進学し
婿を貰う為に、二世帯住宅や、家の建て増しを考える。

決して地方都市の話ではない。
寧ろ、都心まで30分〜1時間の首都圏での話。

「女の人は夜、コンビニでバイトができない」と最近まで思っていた実母。
‘男女雇用均等法’が現実としてイメージできない。
‘一億総中流’時代から取り残されたままの専業主婦。

………………………………………………………………

あれから、二十年経った今。

お嫁さんにしたい職業NO.1の「保育士」資格を取った。
就職難の中、正規採用され「腰掛け程度」に、三年働いた。
四年制大学を出た年上の男性と結婚、出産。

絵に描くような「幸せのレール」に私は乗った。

乗っていた筈だった。

………………………………………………………………

そう遠くない過去
そんな時代があった事を話すと
「何かの冗談」か「笑い話」「作り話」かと思われる。

実際、娘が高校三年生。
大学受験という年齢になった今。

私は、
シングルマザー(しかも、離婚歴二回のバツ2)
実父母との出戻り同居
フリーランスで出張に駆け回る。

趣味は、プロレス観戦とお酒。

どこからどうみても‘幸せなお嫁さん’には、程遠い。
どちらかといえば男勝りな気質もあり‘おっさん’のようだ。

「保育士」の勉強しかした事がない私が、
イベントや、営業、司会業までこなして
何とか「喰いぱぐれないように」生きている。

母親であり
父親であり
大黒柱

………………………………………………………………

「保育士」として働いていた事もあった。

しかし‘起立性調節障害’を患っている娘は
小学校高学年から、高校生の今も一定の配慮と理解を要する。

「サボりたくて、朝起きない」と烙印を押される。
進級・進学する度、学校に理解を求め、

同居している実父母にも病気なのだと説明する生活は、
保育士として働くには時間帯がかぶり過ぎてしまう。

「みんなができて、どうしてできないの?」
「学校に遅刻せず行く事は当たり前の事」
「母親として思春期に向き合うべきだ」
「甘やかせ過ぎ」
「気合が足りない」

そこで、学校のない週末や、長期休みに如何に稼げるかと考えた結果が
今の就業スタイルなのだった。

………………………………………………………………

「女の子の幸せはお嫁さん」

私自身が「嫁不適合」というのもあったかもしれない。

しかし、
姑の言いつけもお小言も堪え、
夫の作った借金は嫁の管理が悪いとされ、
蹴られようが殴られようが「ご主人様」は夫。

「それも夫婦の乗り越えなくてはならない道」と思い込むようにする。
‘結婚は人生の墓場’

しかし、流石に、包丁を向けられて
「借金が返せないから、一緒に死んでくれ」
と、命を追われた時は、裸足で娘を抱え逃げ出した。

DV

「お前なら、風俗のNO.1になれる。
女は良いよな、カラダを売れるから。」

仕事の付き合いと言う名の風俗店通い。
「娘を妊娠してから、自分を一番に考えなくなった事がいけないんだ!」
「誰のお陰で生活をさせて貰っているんだ!」
「女は家で子ども守り育てるもの!」

著者のmatsuko SSKさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。