「根性」、「努力」が必ずしも報われない時代

昔は、「スポ根」という言葉がありましたね。

今の若い人に通じるのだろうか⁈と思っています。

昔は、「必ず努力は報われる」と言われていて信じられていましたが、今はそうではないと思っています。

努力だけではうまくいかない。

現代の経営者が多く言うことは「運」や「スピード」です。

目に見えない「運」を大事にしています。

「スピード」も大事。スピードは時間。

努力だけに時間を費やしていたら、あっという間に抜かれてしまう。

どんなに考え込んでも考えが出てこない時があります。

そんな中で、「ひらめき」や「直感」にはかないません。

努力や考えることに時間を費やし、睡眠時間を削るのであれば、私は睡眠時間をしっかり確保したほうがよいと思っています。

脳をしっかり休ませると頭の中が整理され、直感も鋭くなります。
そして、ひらめきも降りてきやすくなります。

私は睡眠確保派です。ショートナッパーには一生なれないと思います。
でも、ひらめくことが多いです。まさに降ってくる感じ。

人と話しながら降りてくることもあります。
その時、自分が話していることは、自分の考えでないような気がする時もあります。


最近のオリンピック選手は「楽しみます!」という人が増えました。
昔の選手は日の丸を背負っていると自覚し、そのプレッシャーも大きかったように思います。

もちろん彼らは日々、ひたすら努力しています。
「本番を楽しむ」マインドが大切なんだと思います。

「根性論」を語る人も少なくなってきました。
根性、努力も必要だけど、遊び心だったり、運をつかみに行くなどの心の余裕も必要なのではないかなあと思います。


私は「ハタ楽カウンセリング」を東京にて起業しました!
カウンセリングというよりコーチングの要素が強いです。
将来の履歴書、「未歴書」を作成してみませんか?!

著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。