創造主との対話

1 / 4 ページ

人生は

「しんぷる いず ざ べすと」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺の人生ってこのままでいいんだろうか

本当にやりたいことって何だろう。

毎日同じ繰り返しかぁ~

宝くじでも当たったら仕事辞めるのになぁ~



なんて言って、辞める勇気も無いんだけど。



僕は高校卒業後、

憧れだった消防士になった。



憧れだった消防士になれた当初は

やりがいのある仕事で

人のために生きていこう!って思っていたんですが・・・



年を重ねるにつれて

毎日繰り返されるルーティーンワーク。



10年後、20年後の”未来”が決まっていることに

人生のつまらなさを感じる毎日を送っていた。



「俺の本当にやりたいことって何だろう」



周りの友達からは羨ましがられたり

親族からは良い目で見られていたけど、



何かが違う。



「本当にこのままでいいんだろうか・・・」



そんなことを考えては

自己啓発本を読んだりセミナーに行く日々。



どれだけ勉強したり、人に会ったりしても

「コレ!」と言ってやりたいことも見つからない。



「俺って何のために生きてんだろ~」



なんて言ってみたりもして

答えのない問いをずっと繰り返す日々。



そんな毎日を繰り返していたある日

高校時代の友達と集まる機会があった。



「お前いくら給料もらってんの?」

「消防士って休みが多くていいな~」

「俺もすぐにでも仕事辞めたいわ。」

「転職しよっかな~」



久しぶりに集まったかと思えば

他人の妬みや不平不満。



「子供の頃は夢や希望を持っていたのに

社会人になったらこのザマか・・・」



「こんな人生終わらせたい。」と思う半面

自分自身に苛立ちを感じた。



時は流れて

2017年10月


この頃、6年間の消防生活に終止符を打った僕は

コーチングの仕事をしていた。



そんなある日、僕のクライアントから

ある男性の方を紹介されることになった。



これが

メンターとの出会い。



会った瞬間から、

これまでに出会ってきた人とは違うオーラに

人を惹き付ける品格。



他愛の無い会話の途中に

何気ない一言を投げつけられる。



「何がそんなに不安なの?」



ぎくっ!



自分の心の中を

見透かされているように感じた。



実はこの頃、

消防士を辞めたものの

私生活の面でも仕事の面でも、苦しんでいて

どちらを向いても自分の人生は失敗だと感じていた。


著者の安田 拓真さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。