中毒性のあるファンタジー ハリーポッターと続くファンタスティック・ビーストシリーズの話

 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅をテレビで観た。ハリーポッターシリーズは、分厚い本も映画も夢中になって読んだので、きっと面白いと思ったからだ。観て、作者のJK・ローリング氏さんは、読者が何が知りたいのかニーズをよく把握している人なんだと気づくに違いない。



 死の秘宝、そう最終巻になるにつれて、私が疑問に思ったのは、闇の魔法の出発点だった。


 なんでこんなことになったんだろう?

  ダンブルドアの過去になにがあったのだろう、と、弟や妹と決別までしなきゃならないほど、一体何にそんなにハマってしまい、そしてまるでその懺悔のようにハリーポッターに尽くしているようにも、私には感じられたからだ。



 そして、敵のように読者に1巻から見えていたスネイプ先生は、唯一の味方であり、敵陣に一人でいて、味方にも敵のように信じ込ませてハリーポッターを見守り続けていた。


 世界観、というか、真相が最後の最後で種明かしされたけど、現実の世界もこれと同じようで、フレネミーなり、敵なのか味方なのかわからないような「嫉妬」という魔法で人は敵にも味方にもなりえて、どれが本当の「味方」で「友人」なのか、「親友」さえ、信じていいのかさえ、わからなくなるときがある。


 ダンブルドアも、かつて「親友」、「恋人」のように信頼をかさねて、愛していたグリデンバルドが、「敵」に変身してしまい、闇におちたことで、「世界を恐怖に陥れた人」となり、「退治」するしかなかったのかもしれないのだが


 そう、ずっと、そのダンブルドアの過去の話を、私は
「ダンブルドア先生がハリーポッターに語る」と思っていたのだ。ハリーポッターシリーズで。



 まさかの
新しいシリーズで語る、ということは、考えていなかった。そしてこのファンタスティック・ビーストシリーズが、それなんだ、ということに、1巻の、映画を最後までみて、気づくのだ。



   

つまり、この作者のJK・ローリング先生は、読者が、ハリーポッターシリーズを通して、最後まで消化不良になったであろう、この話を、タイトルを全く変えてきて、語りだした。
    


 「あなたたちは、これが読みたいのでは、ないですか?」



 と、
まるで作者とは、その世界を作り出した神様のような存在だから、続きのストーリーを産み出せるのも、作者さましかいない、ということだ。





 「小説家」や「作者」が凄いのは、文章の上手さや、難しい文法や論文みたいに綺麗な手法だけじゃダメだ。




 「物語を創作して産み出せる人が、作者」なんだ。





 話を捻り出せなくなったら、作者じゃなくなるのかもしれない。




 読み終えると、いつも思う。JK・ローリング先生だけじゃなくて、いろんな作者の先生にいえるのだが、どんな頭をしているのだろうか。どうしてこんな物語を思い付くのだろうか。


 ファンタジーだけじゃない、現実的な話などでもそう。物語は
読者を
「疑似体験」させてくれる。





 「脳は、物語を読んでいるだけなのに、それが現実のことか、非現実のことかは、わからず騙されている」といつも思う。



 「教養」とか「知性」は、「芸術に触れた回数や読書の本の数」で決まると思う。
いろんな人、価値観、考え方は、人間は「自分の体験した以上のことは想像出来ない」だけど、現実で体験するには、「限界」がある。

だから、捕捉として
「物語を読んで教訓を疑似体験」することで、ひとは「賢く」なっていく。のだ、と思う。


 人は、読んでいるライターさんなり、作者さんの価値観や考え方に共感したり、ミラーニューロンの脳細胞で真似していく。


 類は友を呼ぶというけど、不良といつもいると、いつのまにか自分も不良になるように、人は染まっていってしまうものなのかもしれない。


 ハリーポッターも、ファンタスティック・ビーストの主人公ニュートも、とても強い信念があり、不良や闇に染まらないのだけど、なかなかそれを出来ないから、人を魅了していくのだろう。


  「主人公の勇気と信念」




 続きが読みたい本がある、ということが、今の私の至福。本を読んでいるときのワクワク感は、どんなに歳を重ねてもまるで子ども時代に戻ったように感じることができる。


 そして、読者を自分の作品の中毒にしてしまう作者。この話をいつ書こう、どのタイミングで言おうと最初から考えていたとしたら、やられた!!と、ニヤニヤしてしまいますが…。




 

  

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。