手作りお菓子をつくる

どうもー!重延誠司です!

ぼくの彼女は遊びに来るとき、手作りのお菓子を持ってきてくれる時があります。
手作りのお菓子は愛情がこもっててちょっと不格好なのが大好きなんですが、「たまにはせいじも作ってちょうだい。食べてみたい」と言われてしまいました…。(笑)

「無理無理!作ったことないよ」と断ったのですが、実は大学1年生まで付き合っていた彼女へ
ホワイトデーのお返しにブラウニーを作ったことがあります。
母に見てもらいながら頑張ったのですが、その時も「ホワイトデーのお返しは手作りね。絶対」と
言われしぶしぶ…。(笑)


渡したら、これまでの高級チョコのお返しよりも喜んでくれたのでこっちまで嬉しくなりました。
しかし、あの手間を考えるともうしばらくはいいや、と。
手間がかかるのを知っているからこそ、ぼくも手作りお菓子が嬉しいんでしょうね。

いつものお礼にまた作ってみようかな。
無理って言ってあるから、彼女きっと驚くだろうな~

重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。