「名付け」に対する思い入れ、その原体験

一番古い記憶。

ぼくのいちばん古い記憶は、映像で残っていて。
当時、通っていた保育園の廊下。
廊下と言っても、室内ではなくて、外に面している教室の並び。
細長く、遠くまで続いていくようで、色はモノクロか、ちょっとセピア。

その映像と一緒に思い出されるエピソードがあって。
当時の保育園の先生に、妹の名付けについて、自分の意見を言ったという記憶。
妹とは4つ違いだから、この記憶は、満4歳になる前の9月の出来事ということになる。
もう少し寒い季節のように思えるけれど、まだ秋のことだから、夕方だったかもしれない。

妹の名前は、ゆかりというのだけれど、親が候補に上げていた名前は、ゆかりと、もう一つあった。

そのもう一つの名前は、
ふみえ、ゆりこ、さゆり・・
うーん、どうだったか、わからない。
思い出せない。

4歳になる前のぼくは、ゆかりじゃなくて、もう一つの名前がいいと思っていた。
でも、親はゆかりという名前を選んで、もう一つの名前は選ばれなかった。
親がつけた名前につけて不満を感じたぼくは、その気持を保育園の先生に伝えた。
そんな記憶。

確かかどうかわからないけれど、これが一番古い記憶。

***

アイデンティティデザインと称して、自分を知るためのいろんな方法を実践していく中で、一番古い記憶ってなんだろう?と考えてでてきたエピソードが、この妹の名付け事件です。
ひるがえって、今の自分のことを思うと、「名付け」という行為に一方ならぬ思い入れがあることに気づきます。
個人事業として独立するときの屋号や、娘の名付けにもこだわりましたし、実際に、屋号や商品名、ブランド名のネーミングを仕事にしています。

ポエジーという屋号は、名乗りはじめて3年半、まだちょっと大き過ぎるというか、自分のものにできてない感がありますが、娘の名前なんかは、いい名前だねって褒めてもらえることが多く、嬉しいものです。
その人、そのモノ、その存在が意味するものに、いちばんふさわしい名前をつけるって、ぼくにとってはすごく価値を感じる、ワクワクする作業です。
昔の人は、一郎、次郎、三郎・・・なんてな具合でしたけどもね、今の時代はなんかこう、名付けに対する意識が強くなっているようでいいですね。
ま、キラキラネームなんていうのもありますが。

それともう一つ、親の決めたことについて、不満と自分の意見をもっていたこと、これも今のぼくをすごく表しています。
ぼくはこう思う、こう考える、こっちのほうがいいんじゃないかと思う。
そんなことをずっと思っていました。そんな人が大人になってどうなるかというと、デザインなどという仕事に出会ってしまうのですね。
自分のフィルターを通して世の中を見て、新しい視点を与える。こんな言い方をする人もいるようですね、「デザインとは、物の意味を与えることである」と。

さて、そんな「ぼくはこう思う」と、周りのみんなとちょっと違った意見をもっていたミズノ少年は、小学校の高学年、中学生と試練に向かっていくわけですが、それはまた別のお話。





著者のポエジー*ミズノケイスケさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。