食べ物アレルギーや液体ミルクを知ること

液体ミルクが2019年度春から始まります。



 被災地では配られたりもしたけど、みなさん、使い方が、わからなくて使用されなかったそうで。



 これ、海外では当たり前のように使われているそうで、いつも思うけど、海外の便利なものや見習うべきことは、やはり取り入れていくのも進化だと思うんですね。

 みんな、変わるのが怖いのか、新しいものは、まず抵抗にあうよね。

 なんでも日本は、横並びが好きで、飛び抜けて目立つものや、新しいものは、まず抵抗にあう。

 液体ミルクは、常温保存が出来るそうで、被災したときも手間がない!

 イクメンも、弁当男子も、バツイチ婚カツも、昔は聞きなれない、よく分からないもの、だったけど、いまでは当たり前に主流しているから、これから液体ミルクも当たり前の時代がやってくるのだと思う。

 また食品アレルギーのことも、当たり前になりつつあるけど、いまだに「食べ物の好き嫌いでしょ」という無知なひとがいる。好き嫌いじゃないからね、アレルギーの食べ物たべて、アナフィラキシーショックなんて出たら死ぬ子どももいるだろうよ。


 無知なひとがいる。
無知は、騙されるし、根も葉もない噂を鵜呑みにしたり、良いものも知らないからってただただ拒否して受け入れなかったり。

 もったいない生き方をしている。

 教養、知性があれば、まず、どんな噂を耳にしても事実確認するだろうし、噂だけを信じたりしないだろう。

  液体ミルクも、よく知らないけどとりあえず試してみよう、と思うだろう。


 「知らないなら、知ろうとしよう」知っても理解出来ないものもあるから、それは仕方ない。

 でも知れば、知ることで無知ではなくなる。

  液体ミルクの普及で、被災したときも赤ちゃんがひもじい、お腹すいた状態が少しでも緩和してくれたら、嬉しい。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。