修学旅行

どうもー!重延誠司です!
小学校の修学旅行は"大好きな友達とずっと一緒にいれる!"と前日からすごいワクワクしていました。
その気持ちは今も変わらなくて、旅行や、お泊りなど人一倍好きなんですよね。旅行では夜更かししていたいし、寝付けないというか。こういうところ子どもの頃から変わらないんですね。(笑)
小学生、中学生、高校生と修学旅行に参加することができましたが、仲良しの友人は前日にインフルエンザになったり、おばあちゃんが亡くなったりと運悪く1度も参加できなかったんです。ある意味、何かに守られているのかも。
修学旅行とはいえ、はじめて友人たちと一緒に寝泊まりして遅くまでおしゃべりして、先生の見回りのときにスッと静かになって、立ち去ったらゲラゲラ笑ったりして。
あの日にはもう絶対に戻れないんだな、と思うと切ない気持ちになりますね。だからこそ、今をやり残したことがないように生きていきたいものです…。
重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。