犬が怖い!

どうもー!重延誠司です!
ぼくは、動物が苦手です。あまり動物が苦手なんて言うと「あり得ない、あんなに可愛いのに」などと批判されるので言っていませんでしたが、トラウマがあるんです・・・。
小学生の時、おばあちゃんが住む田舎に遊びに行ったとき、弟と一緒に家のまわりを散策していると、大きな犬が小屋に繋がれていました。
ぼくは避けて通ろうとしたんですが、弟がぼくの手を払って「ワンちゃん!!」と駆け寄ったんですが、犬が弟の足を噛みつき血だらけに…
ぼくは驚いて弟を置き去りにしておばあちゃんを呼びに行ったんですが、何針か縫うことになって今でも大きな傷が残っています。
犬は悪くないのわかっていますが、繋がれていたから良いものの、野生の犬を見つけたときなんかどうしようか、と震え上がるほどです。
その数年後、ぼくも近所の犬に足をかまれ(放し飼いにしていました)足に傷が残っています。好きな人は好き、で良いと思っていますが…
全員が全員動物好きだとは思わないでほしいですね。話が通じないぶんやっぱり怖いのです。
重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。