ヘリコプターで帰って来なさい3

再び私かアメリカから戻って来た時、母は入院していた。長年の祖母の看病のため、母は自分の体調不良と疲れを癒やしていなかったのだ。

大袈裟な、など入院している母に私は思っていたが、熱が出たり、祖母の初盆の為家に戻ると動き回るだだろうと、入院させておくのも良いだろうと思っていた。
でも、入院はやはり入院。熱が出る体調不良を様々な薬で下げさせ様と治療してもらっていた。母はだんだん病人になっていった。
今ならホテルにでものんびり過ごしていた方が良い気分転換になったのではと思う。勿論、体調不良があったとはいえ、病人として看護師やお医者さんと過ごしながら寝間着で過ごすのは全く違う時間だと思う。
祖母の葬儀の葬儀の時の母の気持ちがどんなに深い悲しみであったか、まさか、一年後、私が知る事になろうと思いもしなかった。



著者のHiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。