六畳の世界

片手に握りしめて未来すら見えると思って

頭に放り込んだものだけで
部屋で寝転がって結論を付ける
声すら出さなくても
その片手で語れると思ってる
六畳の世界

耳を塞いで喧騒にリズムをつけて歩く
今すら忘れてデジタルに進む数字すら
気にもしないで

中途半端な時代に踊らされた連中に
殺菌処理と無駄を削られた
地球の反対側ですら数秒で見れて
嘘も誠な中で
何インチかの現実かもかわらない世界
その不明確な現実で
無責任に洒落たあだ名で罵る
羅列された0と1の中で日々が進む
垂れ流す忘却の彼方に消えていく
その中の1であるということすら気付かずに

違うさいつかはなんて無限の可能性も
手足をばたつかせなきゃ始まらない
見えない不安を恐れ
失うものすらないのに恐れ
綿菓子のように甘く軽く溶ける心に
どんなナイフが刺さるものか

やらなきゃ始まらない
歩かなきゃ前進しない
立ち止まるだけでそこから光を照らしても
見える明日はない

世界は阿呆みたく途方もなく広い


著者のスラッガー犬次郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。