来週のドラゴンボールが見たいから死なない

私は小学生くらいの頃は、よく「死にたい」と思っていたものでした。

でもいざ死のうと思っても怖くて死ねませんでした。
包丁の刃を自分に向けただけで怖かった。歩道橋から地面を見下ろしただけで怖かった。

でも、「死にたい」と思い続けていれば、いつかは死んでいたように思います。
ほら、「夢はいつかは叶う」とか言うじゃない。(ブラックジョークです。)

そんな私ですが、いつからか「死にたい」と思わなくなりました。
理由は、「来週のドラゴンボールが見たいから」です。

当時は水曜の7時から「ドラゴンボールZ」をやっていて、フリーザ編やセル編の頃でした。

ある日、「死にたい」と思ったときに、
ふと「あれ、でも死んだら来週のドラゴンボールが見れないじゃないか」
と思ったのです。

だったら死にたくない。

それ以来、「死にたい」と思ってもすぐに
「でも来週のドラゴンボールが見たいから死なない」
と打ち消すようになったのです。

だから、「死にたい」と思うほどどん底な気持ちになっても、
最後は「ドラゴンボール」が支えてくれていたと思います。

「ドラゴンボール」は私の命を何度も救ってくれました。

「ドラゴンボールZ」が最終回になった後、すぐに「ドラゴンボールGT」が始まったのは幸運でした。
そんな「ドラゴンボールGT」にも最終回はやってきました。
でもその頃には、B'zやラルクや色んな好きな音楽が僕を支えていました。

今でも「死にたい」と思った時はすぐに
「いや、来年のB'zのLIVEが観たいし、ラルクやUVERや世界の終わりや木村カエラやBABY METALや聖飢魔Ⅱや、、」
数えきれないくらいの好きなアーティストとともに、「やっぱり死なない」と思うのです。

「死にたい」と思うのはほんのひと時で、長い人生に比べればほんの一瞬のその気の迷いで本当に死んでしまうのは不幸だと思うのです。
「死にたい」と思って崖から飛び降りた後、「あ~B'zのLIVEがまた観たかった~」と思うかもしれない。
飛び降りてしまったら取り返しがつかないから、死んだ後あの世で一生後悔するかもしれない。
「あの世で一生」がどういうことなのかよくわかりませんが。

だから、どうしようもなくなって、死にたいと思ったときに、立ち止まって考えてみてほしいのです。
死んだら終わりです。なにもできなくなります。やり直しはききません。
後悔はないですか。
好きなことができなくなる。やりたいと思っていたことができなくなる。

私は、「来週のドラゴンボールが見たいから絶対に死にたくない」です。

あとあれだな、
「女性を知らずに死ぬのは絶対に嫌」だ。

著者のライトウィルさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。