☆始めての海外☆弾丸 2泊4日オークランド親子2人旅~帰国編~

1 / 5 ページ


もう、帰らなければ!


11日午前3時に空港までの送迎車がきてしまいます。


とっても短すぎるオークランドの旅。

そして、オークランドで2019年を迎えました。

スカイタワーがすぐ近くのホテルだったので、2019年の花火がとっても綺麗でした。


もっと滞在したかったなー。


とっても弾丸すぎる、でもとっても素敵なオークランドでした。


ニュージーランド、オークランドありがとうと伝えながら、230分頃、チェックアウトの手続きをとりました。


ルームサービス、レストランの食事代の清算のため、ホテルマンとルー大柴英語にて会話をします。


日本円とニュージーランドドルどちらで払いますか?と聞いています。


これは、英語の問題じゃない、算数の問題です。

どっちか安い方を選ぶやつ。


オーノー暗算苦手なんですよ私、、、


どっちか選ぶ?って英語で困った顔しながら聞いたら、


私ならね、断然ニュージーランドドルにするよ。とのこと


オッケーオッケー、ではではホテルマンさんのおっしゃるとおり、ニュージーランドドルでお願いします!


ということで無事清算!


迎えはどうします?手配いたしましょうか?と聞かれたので、こちらに3時にきますと伝え、ラウンジで待たせてくださいと伝えました。


そして、とっても素敵なホテルだったわとお伝えすると、センキューと言って、キットカットを2つくれました。


こちらのキットカットは、近くのお店で今朝買って食べていたので、とーても甘いことを知っています。

なので、とっても疲れた時に頂きますね。


センキューソーマッチとお話し、ラウンジで送迎車を待ちました。


すると、255分頃、ひとりの男性が入り口に立っています。


ちょっとコワモテで、なにやら無線機を持って、ビシッとスーツを着たとってもがっちりした色黒の男性です。


もしかして、この人かもしれないと思って、その人の前にかけよって私の名前を伝えると、コワモテの男性は君は誰だねみたいな顔をしてました。


さっきのホテルマンが遠くから叫んでいます。


その人じゃないよー!!

ノーノー!!

って


ソーリーと伝え、またラウンジで待ってました。


そしたら、ホテルマンが来てくれて、私が送迎車の会社に電話しとくよと言って電話番号をメモして、電話をかけてくださっている間に、

11日午前3時ぴったりに送迎車の方が迎えに来て私の名前を確認してくださり、今度はオッケーです。


ホテルマンにセンキューソーマッチと伝え、ホテルを後にしました。


送迎の方は、インド人のとっても紳士な男性でした。そして、オークランド空港に無事到着。


さてと、とっても眠いし、チェックインしてゆっくりしますか!

もう行きの便でやり方は慣れたしね!

って思っていました、、、、


こちらの空港のチェックインは、機械にパスポートを読み込ませて、自分で行うもののようです。


行きの便は、機械でなかったので初めてです。


機械の指示どおりにパスポートを読み込みます。


私のパスポートはオッケー、でもしゅうやのパスポートを読み込ませるとエラー、何回やってもエラー、、、


パスポートと同じ人のチケットはありません的なメッセージ、、、


オーマイガー!!!!


思い出しました。。。


まさか、、、 

しゅうやのローマ字の綴りが違うってやつですか?ーーー!!!


こちらは、私がオークランド行きを決めて、エクスペディアで航空券を自分で手配し、チケットを買う時に、パスポートと同じローマ字を教えてくださいと言われ、同じでないと飛行機に乗れませんので正確に教えてくださいと言われていました。


その時はまだパスポートを未作成だったので、作成予定のものと全く同じローマ字を教えてくださいと言われ、


しゅうやは、「SHUYA」と「SYUYA」と

2つあるので、どちらが良いかしゅうやに確認した上で、「SYUYA」と伝え、1229日成田発と13日成田着の往復の航空券を手配していました。


いざ、パスポートを作りに行くと、使えるローマ字が決まっており、「SHUYA」となりました。


なので、エクスペディアにすぐ連絡して、航空券の名前を「SHUYA」に変更してもらっていました。


この時に、きちんと「SHUYA」と変更しましたが、確定している航空券のエクスペディアでの画面表示は、システム上「SYUYA」のままだから、チェックインの時にもしかしたら止められるかもしれないから、よく話してください。と言われていたのです。


でも、行きの便では、一言もそんなこと聞かれずにそのまま通ったていたので、綴りの違いのことなんて、頭からすっかり飛んでいました。


で、どうして帰りのチケットでまた綴り問題がでたかと言うと、


次男の高熱により、帰りの日にちを急きょ、13日から11日にずらす手配をしている際に、


往復の航空券を変更できるのは、5日前までなので変更できません。帰りの航空券の代金も戻りません。と言われました。


どうすれば良いか確認したところ、


どうしても11日の航空券が必要な場合は、

新規で11日の帰りの航空券を再度購入し、13日は乗らない。そして、13日の代金は戻らない。

しかないとのこと、、、


でも、

13日に帰る選択肢は、この時点で私にはなかったので、上記方法で11日の帰りの航空券を購入しました。


しかしこの時、しゅうやのローマ字についての確認作業はなかったのです。


なので、おそらく、エクスペディアの画面上の表示が「SYUYA」だったから「SYUYA」で帰りの航空券が手配されてしまった模様。。。


オーマイガー!!!


これは、私のルー大柴の英語力では、絶対に伝えられない!

著者のゆかさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。