2回目の告白

僕を「好き」だと

学校の渡り廊下で言われたあの頃
好きと言う言葉すらも上手く言えなかった。
君と過ごした卒業式までの数ヶ月
クリスマスと誕生日とバレンタインデー
君に何も出来なかったね
唯一、君に何もしてあげれなかった事は
今も少し悔やんでいるんだ。

2回目の君の告白は「浮気した」って
謝る君を僕は許し、僕が謝ったね
僕は何も知らなくて、何も出来なかった
そして僕らは、卒業した
君が毎日のように弁当を作って
僕の教室に来ていたね
いつも小さく折りたたんだ手紙を添えて








著者のスラッガー犬次郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。