☆始めての海外☆ 弾丸 2泊4日オークランド親子2人旅 ~出発の日編~

3 / 7 ページ


だって、洋楽を常に歌ってるから。


でもね、歌ってても意味はわかってないんですけどね。

日本語の歌詞で確認して、大まかな意味は把握してる感じであって、歌いながら、英語の意味は理解してないで洋楽を歌っているのです。


だから、発音だけはできるわけです。


そして、オレンジジュースをしゅうやのシートと私のシートの間にある20センチくらいの幅のカウンターみたいなところに置いてくれました。


えーなんかこんなとこに置いて、飛行機飛んだらこぼれちゃうじゃん


って思っていました。


でも今振り返ると、飛行機が動き出す前のドリンクサービスなわけです。


そして、私は自分のシートの装備品を確認したり、しゅうやのシートの装備品を確認したりして、まだ座ってませんでした。


へー枕があったり、布団があったり、ヘッドホンがあったり、あーペットボトルのお水もあるんだー

へーなるほどなるほど


そして、しゅうやにヘッドホンのコンセントはここに入れるみたいだよ、充電器はここっぽいね、液晶画面のリモコンはこの中にあるわ


とかやってたら、コトン、、、


全然飲んでいないOrange juice


こぼれているーーーー


小さい声でオーマイガー!!!って言った。

となりのしゅうやさんはあきれ顔です。

ママなにやってんのってしゅうやの心の声がとてもよく聞こえました。


オレンジジュースがのったカウンターの真下に透明のビニール袋に入った敷布団があった。


そこにオレンジジュースがしたたっている。。。


テッシュでふいたんだけど、テッシュじゃ間に合わない。


手をあげて後ろの座席の方にいってたCAさんを呼ぶ。


話さなくても、見れば一目瞭然


Im so sorry 


って何回もお伝えしました。


そして、オッケー、オッケーと言ってくださってCAさんにも拭くのを手伝ってもらいました。


だいたいのオレンジジュースは透明なビニール袋に入った敷布団の上、


そして、一部のオレンジジュースは、私のバックと麦わら帽子にしたたっていました。


そして、一部は床にしたたっていました。


お水を頼んでいたら、乾けばなんてことなかったのに


オレンジジュースだから、シミとかにおいとかが残っちゃうよ


ハンカチはあったけど、ハンカチでオレンジジュースをふきたくなかったから、ティッシュにさっき確認したペットボトルの水を少しかけたもので、バックと麦わら帽子をふいて、シミはしょうがないからとりあえずにおいが残らないように、どうにかふいた。


そして、バックと麦わら帽子を足元の奥にしまって気をとりなおして、シートに着席をした。


そしたら、CAさんまたオレンジジュースを持ってきてくださった。


今度は手渡し、私はこぼす前に一気飲みした。


よし、これでこぼれないぞ。オッケー👌


そして、ビシネスは、私としゅうやの間に仕切板があって、座るとしゅうやの様子が何にも見えない。


なので、仕切り版の前まで体を起こし、しゅうやの様子を確認すると、シートにきちんと着席し、シートベルトも締めて、液晶画面を操作していた。


私もシートベルトを締めて、ヘッドホンをつけて、液晶画面で映画がなにあるかみたり、音楽が何かあるかみたりして確認した。


そして、シートを倒すボタンを押して、シートを結構倒したり、シートの足をあげてみたりして、遊んでいた。


その間に英語でアナウンス、間もなく離陸するのでシートベルトを締めてください。

シートはもとの位置へ戻してください。


私は、シートベルトのとこしか聞き取れてなかった。


そしたら、随分と倒れたシートでくつろいでるところに、男性のCAさんが来て、この方は日本語で話してくださって、シートを元の位置に戻してくださいました。


そして、いよいよ離陸、滑走路を走る時のスピードに少しだけびびりましたが、その後飛び立って行きました。


本当は、窓側がよかったけど、ビジネスの窓側は1人しか座れないから、2人隣り合わせに座るには、真ん中の座席にするしかなかった。


だから残念だけど、窓の外は何にも見えなかった。


シートベルト着用サインがとれたので、またシートを倒してくつろぎ始めた。


となりのしゅうやをのぞくと、液晶画面の操作をすでにマスターし、なにやらインベーダーゲームのようなゲームをしていた。


途中でCAさんが、それぞれの敷布団をセットし始めた。


そして、私の敷布団をセットする時、オレンジジュース事件を知らないCAさんだったため、なんでぬれているのかしら?


って言ってた。


ビニールに入ってたからぬれてないと思ってたら、どうやらけっこうぬれてしまっていた。


だから、オレンジジュース事件のことを説明し、Im so sorry を伝え、新しいものに交換してくださって敷布団をセットしてくれた。



私は、映画でも見ようかなと思い、Ladies in Black

を観ました。

気に入りすぎて次の飛行機と帰りの飛行機でも観ました。


字幕はないので、なんとなくの意味で解釈ですが、


もう、こういうの大好き。


ファッションの映画で、クラシカルスタイル。


素敵なドレスとドレスの形が全部私好み。

キャストの方のメイクとかヘアスタイルも全部私好み。


あー素敵!


著者のゆかさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。