私の人生の分岐点【3】〜入社辞退編〜


フラッシュモブから数日が経過。
大人になったら遊ぶのとか無理で出来なくなるんだから、今のうちに遊んでおこう。
という考えであったが為、俺よりも年上の人が遊んでいる姿を見てしまい、出来ないわけではない、と思った。
普通に働いてるだけとか楽しくないよね、とか思い始めたそんなある日。
1月21日にJ・Sのセミナーやるから、そこで踊りませんか?
とフラッシュモブの人からDMが来て、迷わず参加することにした。
その間、ダンスの練習のため横川で特訓。
入社予定の会社の研修中にも、バイト中にも人の目を盗んで練習。
楽しいのも今だけ、と思う中、もっと遊びたい。と感じ始めた。
だから13日に輸入車ショーにて、会社が展示する車についてのお手伝いをしていた時には、正直もう働くのが嫌になってきていた。
もっとちゃんと就活していれば良かった。
土日休みとか、18時退社とか、いろいろ調べれば良かったのに、内定貰ってすぐ辞めたのが仇となった。
そんな心の中、21日を迎える。
とにかく今を精一杯楽しもう。そう感じていた。
で、ダンスをして、セミナーを無料(本当なら1万円)で聞いたら、決められたレールを外れることも出来るんだ、と聞かされ、俺の中で「まだ今からでも間に合う」と感じてしまった。
ここで分岐点が生まれる。
・このまま入社する。
・違うところで働く。
セミナーを聞いた翌日、俺が選んだ選択は…
1年前にも経験した就職サイトと再び睨めっこだ。
そして、入社予定の会社に辞退を伝える。
後日、人事のじーさんにめちゃ怒られ、親にも当日いきなり伝えたから激おこ、大学もビックリして電話鳴りっぱなしだった。
卒業間際の2月に正社員の道を簡単に捨てたことはバカだと思った。
しかし、後悔は無かった。
その後、すぐインフルエンザにかかったのは、きっと緊張が解けたのだろう。
間違いの選択だといえば間違いだが、正解でもあったと俺は思っている。
もしここで、あのまま入社していたら、どうなっていたのかは分からないが、どのみち辞めていたのは間違いないと思う。
ここが私の人生を変えてしまう大きな分岐点。
だってこれしなかったら、今から書くこと全部起こってないもん。

著者の宇田 光輝さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。