頭髪検査

どうもー!重延誠司です!

ずっと野球部だったぼくが唯一まわりのチャラけたヘアスタイルの奴らに得意な顔をできる日が

"頭髪検査の日"
やはり、坊主なんで、もやはチェックなし同然のようなもの。
その他の身だしなみ検査ではちょっとビクビクしましたが、素通りですよね。
他のヤツはじっくり見られて言い訳タイムなんかもあったりして一人3,5分くらいはかかるんですが
坊主は1秒くらいで、先生は見らずとも「はいオッケー」となるんでネタっぽくて毎回面白かったですね。

アシンメトリーな前髪や、ちょっとウルフっぽいヤツとかもいて、眉毛にかかっていたり、カッターシャツにかかっていたりするとアウトなんでカッコつけているヤツが翌日切らせられて(見慣れない)変なヘアスタイルになっていると面白くて笑っていました。

こういう時に、雰囲気イケメンと本物のイケメンがわかるんですよね。
女子もエクステバレて、急に短くなってきたりとかして、なかなか頭髪検査は楽しかったです。

ちなみに、持ち物検査でバレて没収された、ぼくの"涼風3巻"は未だにかえってきていません(笑)

重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。