カルト宗教に完全に洗脳されている人に思うこと

日本にはいくつか有名なカルト宗教があります。

私の知り合いにも完全に洗脳されている人がいます。
その人は完全に信じているので、人から何を言われても聞きません。
そしてしつこいぐらいの強引さ。

その人にかかわっている自分も悪いです。
徐々に距離を置いていく予定です。

彼について思うこと。
それは「情弱」であることです。情報弱者。
きつい言い方をするならば、世の中のことを何も知らない人。
雑学や引き出しに乏しいので本当に話がつまらない。(勘弁してというぐらい)
会うだけ時間のムダ。
自分には何のメリットもない。学びも無い。
危害すら加えないけど、こんな人を野放しにしておいていいものかと思う。
宗教についてはワケのわからないことを滔々と語ります。
しかしその内容は「壊れたラジオ」のようでリピート満載。
人間の進化? それ、説明違うでしょ。
もし話の途中でツッコまれようものなら、黙ってしまうぐらい。
そのぐらい切り返すスキル、知識すらもち合わせていません。

ゆえに彼らが「ターゲット」、勧誘する人は「情弱」な人たち。
情弱な人たちが犠牲になります。

それで信者が増えた、増えたと喜んでいますが、ただの弱いものいじめだと思います。

弱いものいじめは大嫌いです。弱みにつけこんで。
私はフェードアウトしていきます。

その人はいつか手痛い失敗に遭うことになると考えています。
その世界で生きていったらいいと思います。

自分が救う義務も無いのだけれど、救う価値すら無い人です。(すごい言いようになってしまいました。)
犠牲者が増えないことを祈るばかりです。




著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。