全ては過去になる

どうもー!重延誠司です!

2日ほど前に職場で大きなミスをしてしまって館長に初めて注意を受けてしまいました。
入社してから「君はうちのルーキーだよ!」と褒められ大事にされていたので、ちょっと調子に乗っていたのかな?と落ち込んでいました。

帰宅中に月1くらいで遊ぶ親友から電話があり出てみると「最近できた店に行ったんだけど、高校の時一緒だった笹村さんが働いていたよ」とのこと。
「重延とは未だに仲良い、って話したら、重延の事2年間片想いしてたって言ってたぞ」と、予想外の話に驚きました。

笹村さんとはクラスが一緒だったんですが当時の彼女の友人だったから余計に。そんな素振り一回も見せたことなかったじゃん、と思いながら懐かしい会話をしながら帰りました。

昔のことを「懐かしいねー」などと話していると今悩んでいることもどうせ過去になるんだと吹っ切れることができました。

やらかしたミスはもうどうしようもないので明日からまた頑張ればいいや!と前向きになったぼくでした。

重延誠司

著者の重延誠司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。