※体験談※思考は現実化している。

あれは2015年。

もう4年前の事になります。


その頃の僕は、PCで小説を書いていました。


自分より1つか二つ年上の、2526歳の病弱な男の子が主役のストーリー。


自宅で療養をしながらゆったりと過ごしているんだけど、

過去の恋人に執着され、着信を拒否はせず、対応はするんだけど 話を聞くだけで何も言わないし、会いはしないし。


でも、縁を切る時が来るんだよね。

その過去の恋人との。


そこから本当に好きな人に出逢うっていうところでストーリーは終わるんやけど、(正確にはそこで書くことを辞めました笑)




この体験、そして細かい設定が自分と完全に一致したことがありました。



この主人公が乗っている車は、赤いボルボのセダン。

母と共用って言うのはお話と違ったけど、車内は絶対禁煙。

でも、追い込まれている時は車で吸ってしまうんだよね笑



この小説を書き辞めた半年後。

 

粘着質な元恋人から毎日ラインや電話をかけられ、僕は電話には出なかったんだけど、それはまさに同じ状況。


それから2ヶ月後、僕はこの人と本当に決別したんだよね。

ひどいことを沢山言ってしまったけど、そこでラインをブロック削除して、完全に縁を切った。


円形脱毛症や、事故の後遺症で本当にほぼ毎日病院通いながらも、友達と遊んだり、自分を充実させていましたね。


そしてその3ヶ月後。

僕は赤いボルボのセダンに乗ることになりました。

この車はとても気に入っていて、車内は絶対禁煙にしていた。


さらに、車を手にした4ヶ月後には、本当に好きな人に出逢いました。


そしてこの人との関係性で追い詰められた時、僕は車内でタバコを吸っていた。



大まかなことは、過去のストーリーにも書いてある。

https://storys.jp/story/32711



これらが現実化する前の僕は、暇さえあれば、小説を書くことが楽しかった。


一度にブワーーー!!っと書くと言うよりは、思い出した時に、ふと書き足す。 と言うやり方だったんだけどね。

それは一言だけや一行の日もあるし、一気に10ページ分くらい書いちゃう日もあって、バラバラ。



今、ハッキリ言える。

間違いなく

「思考は現実化してる。」


「する。」


ではなくて、


「してる。」



これはもう、間違いない。



でも不思議なもんでね、現実世界を生きてる時は その小説の存在なんてすっかり忘れてた。

あの時の小説と自分がマッチしてる~!! なんて思うこともなかったし、頭を過ぎりもしなかった。


ただ、その時にしたいこと、出来ることに夢中になって、楽しんで生きてた。



だから、今の現実も自分が想像したことの結果なんだよね。


それは、みんなそう。


次は、どんなところに行ってみようかな♫

著者のRさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。