三十路島遊記 其の十二

店は驚くほど広かった。

カラフルな瓶やお菓子が陳列され、

ちょっとしたテーマパークの様相だ。

適当に買い物を済ませると、

遊者は、バスに乗り込んだ。

バスは、再び、ロトルアへと走り出した。(続く)

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。