ひでちゃん

件名 ひでちゃん
 
本文 今朝4時49分に神様のところにいきました。
   天使でした。
   3日お通夜4日告別式です。
   家族とお友達だけの式をしたいです。
   よろしければおいでいただけるとうれしい    です。
 
 
2007年2月28日の朝、ひでちゃんのお母さんからメールがきました。
天気のいい朝でした。
メールを見て真っ先に
 
「ああ、自由になった」
 
と思いました。
 
そのあとはどうしたのか、共通の友達に私が電話したのか、電話がかかってきたのかわすれましたが、放心状態でそのことを話したような気がします。
 
一瞬のうちにひでちゃんと出会った日から今日までの記憶が駆け巡り、しばらくの間その場で座り込んでぼんやりしていました。
 
4日、お葬式。
行ける?私。
ひでちゃんのお葬式なんて。
無理だ。絶対無理だ。
耐えられるはずがない。
 
涙も出ず、そんなことを考えていたら、
同じ愛知県に住む友達の岡田くんから電話がかかってきました。
 
「なんか俺んとこにも直接メールきたんだけど」
「誰から?」
「小竹君のお母さん」
「ひでちゃんが岡田くんのメルアド知ってるはずないよ」
「俺も教えた覚えないし、だいいち小竹君と話したこともないし」
 
ひでちゃんのお母さんは、彼のケータイのアドレスを見ながら自分のケータイで彼が亡くなった知らせを送ってくれていました。岡田君はひでちゃんと顔を合わせたことはあっても話したことはなく、ましてメルアドを教え合う仲でもありませんでした。
 
「私だって教えてない」
「なんでだろう。おかしい・・」
 
しばらくそんなことを言っていましたが、不意に岡田くんが言いました。
 
「4日だろ。一緒に行くよ」



3月4日は快晴でした。
3月とは思えないほど暖かくてコートがいらないくらいでした。
ニュースでは「今日は5月上旬並みの気温です」と言っていました。
 
岡田くんと名古屋駅で待ち合わせ
新幹線のホームで東京行きの新幹線を自由席の乗り場で待ちました。
京都経由で来たであろう「のぞみ」が入ってきました。
 
新幹線が私たちの前で止まり、ふと車内の座席をみると私たちの目線の先にひでちゃんと岡田くんの共通の友人の清水さんが座っていました。
私はひでちゃんが亡くなった知らせを聞いてから、清水さんとはまだ連絡をとっていませんでした。
 
「あ、やっぱりね」
 
岡田くんが言いました。
 
3人一緒に座り、東京へ向かいました。
なにを話したのかは覚えていません。
私はまだ放心していたのかもしれません。
 
洗面所で鏡に映った自分の顔がなんだか歪んでいるような気がしました。
 
東京へ着き、告別式の会場がある駅に向かうため在来線に乗り換えたら、同じ車両に友人のきこちゃんが乗っていました。
 
気づいたら4人で告別式の会場へ向かっていました。



駅に着いて、改札を降りたらひでちゃんのお母さんが一人で待ってくれていました。
私は思わず走って駆け寄り、ひでちゃんのお母さんの手を握りました。
そこでその日初めて涙が出てきました。
 
「私はよしみちゃんを待っていたのに、たくさんのお友達が一緒だったんだね」
と一緒に来たみんなを見て言いました。
 
雑居ビルの建物の中の一つに大きな看板があって、よく見るとそれはひでちゃんの葬儀の看板でした。
なんだか信じられない思いで建物に入りました。
 
小さな部屋にひでちゃんのお父さん、お兄さん、妹さん、そして箱に納まってしまったひでちゃんがいました。
 
ひでちゃんのお父さんが私の肩に触れて言いました。
「あなたがいなかったら、ひでの人生はどんなに寂しいものだったろう」
 
ひでちゃんの顔は安らかでした。
出会った時のままの顔でした。
でもそこにひでちゃんはいませんでした。
 
「あー空っぽだ・・」
 
体は道具に過ぎないということを初めて理解した瞬間でした。
ひでちゃんは今どこにいるんだろう。
 
ひでちゃんのお母さんが泣きながら話してくれました。
ゆうべ眠っていたら夢だったのかどうかわからないのだけれど、
あたたかい光が降ってきて、体をマッサージしてくれたように感じた。
生命って光なんだと感じたと。
ひでちゃんが教えてくれたと。
 
葬儀の間、ずっとうつむいてひでちゃんが今どこにいて何をしているのか考えていました。
きっとこの様子を切なそうに見ているんだろうな。
家族のそばに寄り添っているんだろうなあ。
 
最後お別れの時間に一人ずつ花をお棺に納めていきました。
私はひでちゃんの顔をちゃんと見て
「ありがとう」
と言いました

そばにいたひでちゃんのお母さんが口を覆いながら泣いていました。
 
そのあとあっと言う間にひでちゃんは運ばれ、黒い車に乗って行ってしまいました。
 
外はあまりにも晴れていました。
まるで春の陽気でした。
私の歪んでいた顔はもとに戻っていました。



いっぱい泣いてしまうのかな
その場に崩れ落ちてしまったらどうしようと
思っていましたが
大勢の人が涙を流す中、
なぜか涙はあまり出ませんでした。
 
ちゃんとひでちゃんの卒業を見届けることができたことに、
ほっとしたような、不思議な気持ちでした。
 
ひでちゃんが今日、私をここまで連れてきてくれたんだということを理解しました。
 
もし一人で愛知から東京まで行けと言われても、無理だったでしょう。
岡田くんが「一緒に行くよ」と言ってくれなかったら私は自分の家から一歩も出ることはできなかったでしょう。
 
その岡田くんのケータイになぜ直接メールが入ったのか。
メールを送信したはずのひでちゃんのお母さんもよく分からないと言っていました。
 
ひでちゃんがいろいろと手配してくれていたんだと思います。
 
葬儀のあと、みんなでごはんを食べました。
食欲はありませんでしたが食べました。
 
清水さんが別れ際に
「二人ともきれいだよね」
 
と言いました。
最初はよく理解できませんでした。
私とひでちゃんのことを言ったようでした。
 
「きれい」という言葉はこういう時にも使うのかと
人ごとのように聞いていましたが
ずっとその言葉が胸に残ってリピートしていました。
 
「ああ本当に、きれいだったな」
と私も思いました。
 
清水さんが行ってしまったあと
私と岡田くんときこちゃんで皇居まで行きました。
なんとなくまだ帰りたくなかったので。
 
明るい日差しも、風も、揺れる木も、空も、鳥も
すべてがひでちゃんだと思いました。
 
私の中で時間がゆっくりと流れていました。
 
思い出を追うでもなく、先のことを考えるでもなく
今のすべてがひでちゃんだと感じました。
それをただ感じていました。
 
皇居のお堀には鳥がたくさんいました。
白鳥もいました。
私たちはゆっくりとお堀の周りを歩きました。
 
一羽の白鳥がずっと私たちの後をついてきました。
 
私はずっとその白鳥を見ていました。



ひでちゃんに最後に会ったのは病院でした。

急に連絡がとれなくなったと思ったら、病状が悪化し入院したということでした。
私はどうしても会いたくて入院先の病院へお見舞いに行きました。
東京には友人が住んでいたので泊めてもらうことにして。

ひでちゃんは思ったより元気な様子でした。
ただ薬の副作用で顔が腫れ、一瞬だれか分かりませんでした。
すぐにひでちゃんだと認識できなかった自分が情けなくなりました。

本当はこんな姿では会いたくなかったんだろうな・・

でもひでちゃんは相変わらず優しく、愛おしそうに私を見つめ、髪を撫でました。
その日はあまりしゃべりませんでした。
ただずっと手をつないでいるだけでした。

病院の屋上は自由に上がれて、ベンチに座ってゆっくりできるようになっていました。
病院の屋上からはディズニーランドが見えました。

まだ一緒に行ったことがなかったので私は

「退院したらディズニーランド行こう」

と言いました。

ひでちゃんは

「うん、退院したらね」

と言いました。


屋上から病室に戻ったら、看護婦さんが何か用事でひでちゃんのベッドのところに来ました。
 
私を見て、にこにこしながら
 
「お友達ですか?」
 
と聞きました。
 
そうしたらひでちゃんは、はっきりと
 
「彼女です」
 
と言いました。
 
一瞬、看護婦さんの表情が曇りました。
 
私はその表情で、今ひでちゃんがどんな状態にあるのか悟りましたが、すぐに打ち消しました。
 
ひでちゃんは、まるで自分に確認するように、はっきりと私のことを「彼女です」と紹介してくれました。
 
私も「ひでちゃんの彼女なんだ」と自分に確認するように思いました。
 
なんだか、とても誇らしい気持ちになりました。
 
ひでちゃんにとって私という存在が特別であること。
私にとってひでちゃんという存在が特別であること。
 
その一言で私たちはお互いの存在の意味を確認し、讃え合っていたのかもしれません。


あっという間に面会時間が過ぎてしまい、私は友人の家に戻らなければなりませんでした。
病院の出口まで送ってくれたひでちゃんが突然に今までにないくらい強く私を抱き締めました。
私はものすごく切なくなり、嫌な予感がしました。


私を泊めてくれた友人はようこちゃんといって、お花屋さんで働いていました。
ようこちゃんはその日仕事だったので私はもう愛知に帰るつもりでした。

そうしたらようこちゃんが

「もう一度病院行ってきたら?」

と言いました。

「お見舞いにはお花を持っていかないと」

私はそういえばひでちゃんに何のお見舞いの品を持っていかなったことに気づいて

「じゃあようこちゃんのとこでお花買って行く」

ともう一度病院へ行くことにしました。

ようこちゃんが見立ててくれたお花のアレンジメントを持って私は再び病院へ行きました。



その花はずっと彼の傍らにあったようでした。

彼のお母さんがちゃんとドライフラワーにして入院中の彼に渡してくれたそうです。

一度退院し、すぐまた再入院したときも持って行ってくれたそうです。

彼は私と最後に会った約4ヶ月後に亡くなりました。

あのお見舞いが最期でした。

私はずいぶんと後悔しました。

なんでもっと頻繁にお見舞いに行かなかったのだろうと。

お葬式の日、彼の顔のとなりにあのお花がありました。

その時私は彼がどれほど私を愛してくれていたかが分かりました。

きっと私のかわりにこの花はずっと彼のそばにいてくれていたのでしょう。

彼も花を見るたび私を想ってくれていたのでしょう。

私は花の力というものを初めて知りました。

なんて儚いのに強いのだろうと思いました。

そしてあの時ようこちゃんがもう一度私に花を持って病院へ行くようにすすめてくれたのは

本当に神様の導きだったと思うのでした。



ひでちゃんが亡くなって四十九日が過ぎたころ、彼の家に行きました。
 
告別式ではゆっくりとご家族と話もできなかったので、行ってもいいですか?と頼んでみたら快く迎えてくださった。
 
快晴で、やわらかな風が吹き、なんとも気持ちのいい5月の日。
 
バス停で彼のお母さんが笑顔で迎えてくださり
家には妹さんとお父さんが私が来るというのでわざわざ予定を空けて待っていてくれていた。
 
ようこちゃんから買った白い花束を手渡したら、すぐにきれいに生けてくれて彼の写真の前に飾られた。
 
初めて来た、言ってみれば他人の家なのにどういうわけか前から知っているような気がした。
彼の気配が残っているからだろうか。
 
足を踏み入れたとたんに涙があふれた。
 
彼の写真の前には大きなシャクヤクとユリの花も生けられていた。
 
彼のお母さんが、
「このシャクヤク、まだ固いつぼみだったのに昨日から急に咲き出したんですよ。あなたが来るからひでちゃん急いで咲かせたんだね。」
と言った。
 
甘い紅茶とサンドイッチのもてなしを受け、
4人でずっと彼の話をした。
 
私は彼が世にもめずらしいほど、素直で純粋な人だと思っていたら、彼の家族みんながそういう人だということが分かった。
家族同士がお互いに、素直に愛の表現ができる人たちだった。
 
「うちはね、それが当たり前なんですよ。」
と彼のお父さんが言った。
 
確かに彼は恥ずかしくなるほど、愛情表現が豊かで自分の気持ちに素直だった。
こんな人っているんだなあと感心したものだ。
それはやっぱり彼の育った環境が、家族がすばらしいからなのだ。
 
でもあんな重い病に冒されて
この子は恋愛のひとつもせず、大好きだと思える人もいないまま死んでいくのかもしれないと思ったら
何のための人生なのかと感じていたそうだ。
 
ずっとバンドに夢中で、モテるのにほとんど女の子と付き合ったりもしなかった。
 
「だからねえ、ひでにとって初めてだったと思いますよ。
 こればかりは家族では与えられない喜びだから。
 本当に感謝しています。
 私もあなたの父親になりたかったけどね。」
 
また泣けてきた。
ユリの香りが急につよく匂った。
カーテンがはためいて私にまとわりついた。
 
 
 
私が彼に出会ったとき、すでに死を宣告されていた。
本人には言ってなかったそうだけど、たぶん彼はなんとなく分かっていたんじゃないかな、と思う。
脳腫瘍で、見た目は全く普通で元気だったから、彼は病人という感覚はなかった。
私は彼の元気な姿しか知らない。
 
「死」を受け入れるまでは時間がかかる。
何度「肉体は亡くなっても魂はずっと続いてる」
と教えられも、リアルに直面すると素直には納得できないものだ。
 
 今少しずつ、私も彼の家族も、彼のこの短い人生の意味を理解しようとしている。
みんなに教えてくれるために生まれてきた、
彼は本当に天使だったんだと思う。
 
私なんて彼の人生の最後の最後にほんの少し顔を出したにすぎないのだけれど、
彼のお父さん曰く、
「あなたとの出会いはひでにとって逆転満塁ホームランでしたよ」
と笑って言ってくれた。
 
私も普通に暮らしてたら出会えるはずのない人だった。
彼も病気になっていなかったら私には絶対に出会うことはなかっただろう。
皮肉だけれどギリギリセーフで出会って、想い合えて、今考えると奇跡的なタイミングとしか言いようがない。
そんな事を私が言ったら
 
「私たちはグループ・ソウルなんですよ。そう言うらしいですよ。
 あなたのことも他人のような気がしない。
 お互いいろんな形で生まれ変わって魂の学びをするんですよ。」
 
なんだか丸ごと受け入れてもらえたような気がした。
私はずっとここにいたいような気持ちになった。
 
最後に彼の声を録音したテープを聞かせてもらった。
入院中に毎日、ある詩を一つずつ録音していたそうだ。
久しぶりに彼の声を聞いた。
だんだん背中とか胸のあたりがあたたかくなるのを感じた。
今日はずっと一緒にここにいたんだよね。
 
このテープをダビングしてもらえないかと頼んだら快く了解してくださって、
じゃあMDに録音して送りますねと約束してくれた。
 
以前私が彼にあげたお守りのことが気になって
それもよかったらいただけますか?
それ、つけたいんです。
と頼んだ。
大事にしまわれていた、なつかしい品が私の手に戻ってきた。
 
気づくとずいぶん長い時間が経っていた。
なんとも穏やかで、幸せな時間だった。
本当に私は彼に、彼の家族に出会えて良かったと思った。
  
また、東京に来たときは来て下さいね。
 
あたたかい言葉に見送られて帰りのバスに乗った。


著者のYoshimi Handaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。