三十路島遊記 其の十四

そこには、はるか上空まで届くほどの砂丘があった。


あるものは、そりを持ち出し、砂丘滑りを楽しみ、

あるものは、全速力で斜面を駆け抜け、歓喜の雄たけびをあげた。

ふと、ある女性の傘が目に入った。

その傘は、虹色で彩られた傘であった。

黄色い砂丘と青い空とカラフルな傘

その光景は、どこか西洋画を想起させるような、

美しい光景であった。

ひとしきり砂丘を楽しむと、

一同は、バスへと乗り込んだ。

が、そこである事件が起こった。(続く)


著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。