三十路島遊記 其の十六

バスは、ある建物の前で停車した。


そこは、バックパッカーズホテルという、

旅人が愛用する、

素泊まりで、相部屋の宿だ。

男女の区別はなく、

見知らぬ者同士が、

容赦なく同室で過ごすという、

アバンギャルドなスペックだ。

遊者も、最初は抵抗があったが、

相部屋ということもあり、価格はかなり良心的で、(1泊約2500円)

長旅には大変助かる宿である。

荷物を置いて、ひと段落すると、

あったかいプールがあるというので行ってみた。

ここロトルアは、温泉がたくさんある場所で、

プールも熱~いお湯が出ているのだ

そんな新感覚なプールをひとしきり楽しんだ後、

遊者はある場所へと出かけることにした(続く)​

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。