三十路島遊記 其の十七

を抜けると、に出た。


そこは、ホットウォータービーチ

砂浜からお湯が沸き出る、

なんとも不思議な場所だ。

遊者は、海の中に足を入れてみた。

「あたたかい」

まるで巨大な露店風呂のようだ。

暫くすると、そこにいる者たちは、

一斉に地面を掘りだした。

そこには、即席の温泉が出来上がっていた。

次第に、日が傾き始め、

暗闇の中、

魂の躍動が確かにそこにあった。

そして、

三度事件は起こった(続く)​

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。