三十路島遊記 其の十八

突然、強いが浜辺を覆いつくした。


そこににいた一同は、たちまち波に襲われた。

波は、腰の高さまで迫る位の勢いで、

虚を突かれた一同は、

驚きと喜びの入り混じった歓声をあげた。

遊者は、ハッとした。

後ろを振り返ると、

浜辺に入る前に、脱いで岩の上に置いていた靴が、

波にさらわれ、跡形もなく消えているではないか!
遊者は、石だらけの帰り道を、
はだしで歩くのを余儀なくされたのであった。(続く)​

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。