三十路島遊記 其の十九

裸足で歩く事の過酷さを思い知らされた。

遊者の靴は、波が横取りしていったのだ。
やっとのことでホテルにたどり着いた。
遊者は、サンダルを買い、裸足の苦しみから解放された。
おなかが減ったので食堂でご飯を作ることにした。

食堂にはアンドレがいた。
アンドレ 「よぉ」
遊者「うす」
簡単な挨拶を済ますと二人で食事を作り始めた。
アンドレが日本のラーメンが食べてみたいというので、
遊者は、チリソースと、ナシゴレンの麺で、
ラーメンらしきものを作ってあげた。
アンドレはんまいと言いながら、
ラーメンを平らげた。
お礼に瓶入りのピーナッツクリームをくれた。
遊者「サンクスBro☆」
遊者は、アンドレにお礼を言い、
食堂を後にした。続く

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。