即行動しないと、忍び寄る恐怖

親から常に「早くしなさい!早くしなさい!」と叱責されて育ったので

じっくり観察するとか
一呼吸おくとか
状況把握をするなどの
現状を観る能力は皆無
結果自分にとっても周囲にとおっても迷惑な状況にしかならない。
現状把握して行動を取る事が全く出来ない為、
即行動しないと殺されるんじゃないかくらいの恐怖が襲ってくる。
結局失敗することが多いと、流石に学習できている。
にも関わらず、潜在意識に刷り込まれたパターンは中々変えられない。

簡単に書き換えられない、根の深い、しつこいものなんだと認識。
恐怖感や不安は、湧き出てくる感情だけに扱いにくく、頭で理解しているから終わりというものではない。
「待つ」と、恐怖が襲ってくる前に、目標も立てていないのに動いてしまう。そわそわするばかりで、無駄な行動や時間が過ぎるのでイライラして悪影響。

どうしたものかと考えるが、
恐怖感は自分が作り出したものなら、本当に殺される事はないし、
これこそ自分自身を把握する為に少し待ってあげるって大切なんだと思った。

今までずっと怖かったんだと自分を受け入れるって、してこなかったな〜と。
ゆっくりしててもいいのにな。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。