人の自我(エゴ)は無意識に他人を深く傷つけている

子供に授業の内容をスマホで録音させて、家で聴いていた人がいた。平気で「この授業は良かった」などの意見を他人に話す。当然、許可なしで録音している。

聞いた方は、正直ゾッとする。
その子供はまだ善悪の分別もつかない年齢だから、きっと大人になったら、そういった行動を平気でパートナーや友達にもするだろう。
そして「何か悪い事したかな?」と真剣に悩む日は、そう遠くない。
親は、話した相手と信頼関係に溝ができている事に気付いていないし、同時に我が子も周りから信頼を持たれなくなってしまった。
もう取り戻せないのだ。
便利になった世の中だが、心の姿勢は、現代的な方法で表面化している。
自分の事ばかり考える人間は、最愛の子供も周囲の人も巻き込んで傷つけているのに、無意識なんだな。
こういった人は、人の日記や携帯の中身も平気で見るんだろう。
決して心で繋がるという人間性を重視した仲間はできないから、ずっと寂しい生活を送る事になる。
これもこちら側から見ると「そんな人間も存在する」って、世の中のバランスを思考する良い機会だなと感じた。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。