人生イロイロ

イロイロあって勧めて頂きここに辿り着きました。

遡ることウン十年前、子供の頃に親をはじめ多くの大人の常識に振り回され、自信喪失、後悔の学生時代を過ごし、合わない仕事をしていたら鬱状態になっていました。
そんな時に日本語の話せるアメリカ人の同僚が転勤してきました。
彼はスイミングコーチで時間にゆとりのある働き方が出来るポジションにいたので趣味のトライアスロンを楽しんでいました。「今日100Km 自転で走ってきたよ~♪」なんて距離を聞いただけでも辛そうなトレーニングを明るく楽しくこなしていていました。
初めて近くでみる異人種の人でしたが、本当に私がそれまでの人生で会ったことのないタイプの人でした。
いつも声がでかくて元気で楽しそうに過ごしている彼を見ていたら私も彼の様に楽しく生きたい!と思うようになりました。
それから自分のしたい事、出来る事を考えました。
海外に住んで、いろんな場所に行けて、有給休暇が4週間以上取れて、サービス業の仕事 
これを頭に入れて考えていたら
国際線の客室乗務員と言う答えが出てきました。

著者のNoriko Sakohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。