バスケットボール人な私

高校生になって、

私はそのままバスケを続けた。
中学の頃関東大会に出たという実績の子がたくさん集まった、集団の中に無名の中学から。
今考えれば無謀だったし、自信なんてまるで無く、ただの好奇心だった。
最初はほとんど一年間応援をただただしてきた。スタートなんかで出れることはなく、先輩とも出れるわけでもなく、練習して練習して、追いつくのがやっとだった。流石に簡単にはいかなかった。まぁそんな茨の道を選んだのは自分だから。二軍三軍で出て、試合して。それでも楽しかった。
毎日毎日何かと先輩にはたくさん怒られて、怒られなかった日なんてのは1日もなかった気がする。笑
それでも先輩が引退した時はすごく悔しかったし悲しかった。もっとどんなチームよりも素晴らしい応援が、貢献ができたんじゃないかって。後悔ばかりした。
そして自分達が上に立つことになって。応援だけしてちゃいけないなって思うようになって。試合に出たいという欲が出始めてきて、朝練や自主練を自主的に毎日やるようになった。怪我をして練習参加できない時もひたすら先生のところへ行って、「何が足りないのか教えてください」なんて言った時は先生は「それを考えることが足りない。」と言われた。わけがわからなかったけど後から、なんでも聞きすぎるのがいけないことだと、気づいた。自分で考えることをあまりしなかったからだと。練習の時にたくさん努力してます!てのはあまり伝えられなかった。そりゃそうだ。みんな同じ練習をしてるんだから。他で時間作って努力しなきゃ到底及ばないと。そして私は自主練習の時間をたくさん作って練習した。そして私は先生に言われた。
「努力してても見せなきゃ意味がない」
え。それ努力してる人に向かっていう言葉か?私のは意味がないってことなのか?何も見てくれちゃいなかった。そう思った。
一気に冷めたんだ。努力してればいつか報われる。だなんて言葉を小さい頃から信じてきたから、てっきり本当だと思ってたし、そんなこと言われるなんて微塵も思ってなかったから。
そして私はやめようと思った。自主練習を。だって、やったって意味ないから。そんなことを一緒に自主練習してきた友達に言ったら、彼女は
「うん。だから自主練でできた技術を先生の前で見せられるまでにしようよ」
そんなことを言ってきた。最初は意味ないなんて思って、まぁ、そうだなとあまり気が乗らずイヤイヤやっていた。友達には申し訳なかったが、あの時の私はきっとなんの希望もなしに淡々と毎日をこなしていた気がする。叶うはずもない夢を見て。
あの時もう少し大人でいれたら、友達にももっといいこと言えてたのかなって。助けてもらってばかりだった。ずっと。
そして私は毎日そんな日々を繰り返した。見てももらえないのに自主練習して。そして身につけた技術を練習や試合で活かして。そして私は誰よりも早いモーションでシュートを打ちたくて、練習して、それをちょっとやってみようかなと、自信はなかったがこれができたら誰も止められないって思って、実践してみた。もちろんシュートは外してしまったけど、これを完成させれば出させてもらえるかもしれないなんて思ってた。
そしてある日先生に呼ばれた。私はまたなんか冷めたこと言われると思って気が落ちていた。そして先生は
「やっと見つけたか。お前のそれは強みだ。もっともっと磨いて自分のものにしろ」
、、、。
何も言えなかった。そしてその時全て分かった。分析する力や、練習はなんのためにあるのか。そんなふうに思いながら練習をしてこなかったから、いつも不甲斐ない結果を残していたことを。自主練習してきたのは試合に出たくて結果を残したいから練習をしてて、自分になにが足りないのか知りたかったのも試合に出たくて結果を残したかったからで。その瞬間先生は全部見ててくれてたことに気がついた。自分がなんの目的もなくただ練習時間を増やせば先生も認めてくれるとか、浅はかな考えをしていたことも見据えていて。だから、意味がないって言ったんだと。それを友達は分かっていたことを。あの日友達がそうやってプラスに言ってくれて、
「2人でスタメン勝ち取ろうね」
なんて言ってくれなかったら一生気がつかないままだったと思う。結局私は友達に助けてもらった。そしてそのおかげで全てに気がつき、一気に変わった。
そして私はたくさん練習して、先生に何を求められてるのか見極めて、ようやくできるようになった。約束した友達と試合に出れる切符を手にして、たくさん結果を出して。
無謀な道を選んだのも自分。
それを無謀だったという結果にしないのも自分。
結局引退試合は悔いが残ったまま終えたが、最後に先生にお礼の手紙を書いた。今までたくさんアドバイスもらったこと、見放したかと思えば自分で考える力を与えてくれたこと、本当に尊敬すべき教師であったこと。素晴らしい先生に会えてよかったという感謝を込めて。
そして返事が帰ってきた。

わたしはあの日あの時、バスケットに没頭していた自分を今でも愛おしく思う。そしてなんの雑念もなくただただバスケを好きで、ただただ仲間を好きで、ひたすらにバスケット人生を送った高校生活が今でも1番の宝物だ。
私の人種はバスケットボール人なんだ。

著者のMeikyさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。