自業自得な人生。。2

大学から社会人世界へ。

大学時代には皆と同じ様に就職活動をして、まだ普通人のレールを走っていた。就職難と言われた時代だったものの、難なく就職先が決まり卒業旅行へ旅立ち順風満帆だったと思う。そして4月1日入社を迎える。。
自分はとある流通系のクレジットカード会社の営業マンに学生からレベルアップした!4月から7月の研修期間があけて、やる気に満ちていたと思う。
8月の営業会議の中で担当エリアが個々に発表され自分も都心部エリアから県外へと担当を振り分けられた。。ここからが自業自得の破滅人生の始まり。。。
営業マンには一人一台営業車が与えられた。週間活動表を事前に記入すれば直行直帰も許された。(なんて自由なんだろう)という勘違いから崩れていく。
8月。まずは担当エリアの得意先に挨拶周り。先輩が動向する。1ヶ月かけて引き継ぎ業務だ。割と楽しかった覚えがある。
9月。いよいよ一人立ち。営業エリアで実績を出そうと意気揚々と色々やってみる。基本的には派遣会社を使って会員募集などを行うので、自身の仕事は企画提案やイベントの実施、人件費の管理などがメインだった。
10月。勘違いの始まり。9月の実績が出た。予算費112%、人件費94%最高の出だしだった。この数字だけは未だに覚えている。ここから自分はできる人間と勘違いし始める。
11月。有頂天。10月の実績が出る。この時も予算費110%超え人件費は丁度100%だった。会議でこれでもかと注目される。(仕事って楽勝だな)歯車が狂い始める。
12月。先輩登場。11月実績発表。まさかの3ヶ月連続100%超え。嬉しかった。そして会議の帰り際、「○○くん。今月ボーナスも入ることだし、飲みに行こうよ。」と誘いを受ける。さすがに断ることなく、行くことにする。
次回。怠惰な営業マンの完成

著者のZo Shigeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。