「恥」が芽生えた日

 

「喜び、不安、恥、怒り」 

自分が感じている感情と全く同じ感情を他人が感じることは不可能です。

それでも、自分が今感じている感情が、世間一般でいう「怒り」の感情だとか、「悲しみ」の感情だとかの判断がつきます。

名前がついている数ある感情のうち、どの感情が今自分が感じている感情なのか、人はなぜ、わかるのでしょう。考え出すとなんだか迷宮入りしてきそうです。

そんな抽象的な感情ですが、ある特定の感情が芽生えた瞬間を覚えている人はどれほどいるのでしょうか。

自分の体験になりますが、私に実際にあった「感情の芽生えの瞬間」を記してみます。

 

私が物心ついたのは3歳前後の時。既に「喜び」と「恐れ」の感情がしっかりとありました。

でも、もう少し複雑な「嫉妬」や「恥」は、まだまだ芽生えていませんでした。

 

3歳の私が鮮明に覚えている光景があります。

送迎バスの中で隣に座っていた"トキミツくん"という男の子がある日、自分のお●ん●んの皮をいじっていました。

 

そんな彼を、3歳の私は、行列をなした蟻を数えんばかりの熱意で凝視していました。

でも、大事なところ見せて「恥ずかしい」とか、「気持ち悪い」などという感情は抱いていませんでした。

なせなら、「恥ずかしい」という概念がなかったから。

 

ではいつそれらの概念がわかったのか?

ちょっと時を早送りし、5歳になりましょう。 

 

5歳からアメリカに住み始めた私は、英語の語彙力が“apple”と“toilet”しかない状態でキンダーガーデンに放り込まれました。

 

子供の耳とはすごいもので、当時何を言われているか意味がわからなくとも、音は完璧に記憶しています。

その音を何年か後に思い出して、ようやく当時の会話が理解できた、などということはよくありました。

 

例えば転校した初日、金髪のアマンダちゃんが話しかけてくれました。

私は英語がわからなかったので、何も返事ができないでいました。

そんな私をみて、5歳の素直なアマンダちゃんはこう言っていました。

"are you stupid?"

当然ながら何を言われたかわからない5歳の私は、ニコニコと頷くだけでした。。

 アホな私は、ただ金髪の女の子と友達になれた(?)ことが嬉しかったのです。 

 

もう一つ、英語がわからなかった時のエピソードがあります。

実はこのときに、「恥ずかしさ」を初めて感じたのです。

 

アメリカでの初めての夏休みに、私はサマーキャンプというものに行きました。

サマーキャンプのアクティビティの一つに、ダンスがありました。

 

ダンスレッスンの初日。

その日はヒッピー風のお兄さんがバンジョーを弾いてくれました。

お兄さんがバンジョーを弾くと、周りの子供が踊り出します。

訛りの強い英語がまだ聞き取れなかった私は、周りにあわせて踊り始めます。

踊り始めたら、何だか楽しくなっていました。

 

そんな中、バンジョーのお兄さんが何か言っていました。

聞き取れない私は、ただその時を楽しんでいました。

 

すると急にバンジョーの音色が怖い音色に変わりました。

 

びっくりしながらも、私は無我夢中で踊り続けました。

 

すると気づけばヒッピー風のお兄さんが目の前に。

(怖かった。。)

 

ぎくっとして踊りをやめると、周りのみんなは既に思い思いのポーズで固まっていました(freeze!)。

 

どうやら、「怖い音楽になったら怪獣がくるから身をひそめなければいけない」

のだそう。

 

英語がわからない私には、怪獣の出現は唐突すぎました。

怖かったし、びっくりした。

何より、みんなが知っていることを自分だけ知らなかったことが、むずむずしました。

 

このむずむずは何だろう。

顔が熱くなり、耳が赤くなる。

なんだか、人の視線が痛い。

 

このとき、この感情に名前はありませんでしたが、後からその感情こそが"embarrassed"であることを知りました。

5歳という幼心に、”恥ずかしさ”が植えつけられたのは、この瞬間でした。

著者のLyraさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。